全国主要駅のお土産屋さん情報をアップしています。

東京駅:わかりやすい構内図を作成、待ち合わせ場所9ヶ所も詳説!

2019年8月10日に調べてきました。

東京駅の構内図と待ち合わせ場所一覧のマップを作成しました。

上の★1~9と目次の①~⑨は同じ位置ですので、目次から該当するところへジャンプすることもできます。

JR東京駅の特徴

東京駅には改札が全部で10ヶ所あります。

プラットホームには1階にある6ヶ所の改札(「丸の内北口」「八重洲北口」「丸の内中央口」「八重洲中央口」「丸の内南口」「八重洲南口」)のみ表示されています。

プラットホームから1階へ下りると、地下にある4ヶ所の改札(「八重洲地下中央口」「丸の内地下北口」「丸の内地下中央口」「丸の内地下南口」)の表示案内を見ることができます。

東京駅はどの改札も混雑気味ですが、特に人の出入りが激しいのが「八重洲中央口」と「八重洲地下中央口」と「丸の内地下中央口」です。

この3ヶ所は改札前のスペースも狭いため、待ち合わせ場所としては特に難しそうです。

東京駅の丸の内改札を抜けると、このような外観を見ることができ、観光スポットにもなっています。

改札内を通らずに丸の内側と八重洲側とを行き来する場合は、北口横にある自由通路を利用します。

南側や中央には自由通路がないので気をつけましょう。

改札内の待ち合わせ場所

最初に、改札内の待ち合わせ場所について説明します。

①「八重洲南口」改札前インフォメーションセンター

「八重洲南口」改札の目の前に「KeiyoStreet(京葉ストリート)」があります。

「京葉ストリート」は、その名のとおり京葉線へ向かう通路です。

「八重洲南口」から「京葉ストリート」へ入る角にインフォメーションセンターがあります。

この付近は人も少なめで、待ち合わせ場所の目印として便利です。

②銀の鈴(地下1階)

「銀の鈴」は地下にあります。

東京駅の待ち合わせスポットとしては、ここが一番有名かもしれません。

「銀の鈴」へ向かうには、「八重洲中央口」前(改札内)から地下(「八重洲地下中央口」方向)へ向かう階段を使うと便利です。

階段を降りて、「地下中央改札口」とは逆方向へ進むと「銀の鈴」が目の前に現れます。

改札の外の待ち合わせ場所

ここからは、改札の外の待ち合わせ場所について説明します。

③「丸の内北口」改札横きっぷ売り場

「丸の内北口」改札横にはきっぷ売り場があるため、ここを待ち合わせ場所の目印にすると分かりやすいです。

④「丸の内中央口」改札前ホール

少し見にくいですが、中央奥に「丸の内中央口」改札があります。

「丸の内中央口」改札前は上の画像のようなホールになっているため、ここを待ち合わせ場所の目印にすると分かりやすいです。

⑤「丸の内南口」改札横きっぷ売り場

画像左側にあるのがきっぷ売り場、右側が「丸の内南口」改札です。

「丸の内南口」改札付近では、このきっぷ売り場を待ち合わせ場所の目印にすると分かりやすいです。

⑥「八重洲北口」改札横きっぷ売り場

「八重洲北口」改札横にはきっぷ売り場があるため、ここを待ち合わせ場所の目印にすると分かりやすいです。

⑦「八重洲南口」改札前きっぷ売り場

「八重洲南口」改札横にはきっぷ売り場があるため、ここを待ち合わせ場所の目印にすると分かりやすいです。

⑧「丸の内地下北口」改札横きっぷ売り場

「丸の内地下北口」改札横にはきっぷ売り場があるため、ここを待ち合わせ場所の目印にすると分かりやすいです。

⑨「丸の内地下南口」改札横きっぷ売り場・動輪

「丸の内地下南口」改札横にはきっぷ売り場があるため、ここを待ち合わせ場所の目印にすると分かりやすいです。

なお、「丸の内地下南口」改札の目の前には、このような動輪(3輪)のオブジェもあります。

反対側に立っている人の姿は見えにくいのでやや難ありですが、ここを待ち合わせ場所の目印にする方法もあります。


関連記事

東京の主要駅に関する情報をまとめました。 東京のお土産屋マップ 東京駅(6時半~22時半) 品川駅(5時半~22時20分) [adcode] 山手線・地下鉄乗換マップ [sitecard subtitle=関連記事 ur[…]