Amazonタイムセール終了間近! セールを見る

ふるさと納税の楽天トラベルクーポンなら実質2,000円で国内旅行!?

「遠出をしたい」と思った時、気になるのは旅行代金ですね。

しかし、ある方法を活用すれば、実質2,000円だけの負担で国内旅行を楽しむことも可能になるのです。

「そんな方法があるはずない」と思う人が多いかもしれません。

ところが、「ふるさと納税」の「トラベルクーポン」を活用すれば、そんな夢のようなことが実現できるのです。

 
そんなおいしい話があるの?
ウェル
嘘つくパンダなんて聞いたことないでしょ!
 
ますます怪しい……

この記事では、その制度の活用方法について、具体的に説明しています。

少しでもお得に旅行したい人は、ぜひ参考にしてください。

なお、ふるさと納税の申告については「ワンストップ特例制度」と「確定申告」の二通りがあります。

「1月1日~12月31日の1年間で寄付先が5自治体以下の方」かつ「確定申告をする必要のない方」については、申告が簡単な「ワンストップ特例制度」を利用することができます。

自営業者など、確定申告を行う必要がある人については「ワンストップ特例制度」が利用できないため、気をつけてください。

「ワンストップ特例制度」対象外の人については、自身で「確定申告」をする必要があります。

「確定申告」を行う際は、寄付先の自治体から送られてくる「寄附金受領証明書」を申告時に添付する必要があります。大切に保管しておきましょう。


メニュー

ふるさと納税で寄付できる上限額は?

ふるさと納税とは、もともと払っていた税金の支払先を、別の地域に変えることで、その地域を応援する仕組みのことです。

自治体によっては、寄付額に応じた返礼品を送ってくれるため、返礼品を楽しみにしている人も多くいます。

寄付した額のうち、2,000円を差し引いた全額は翌年の税金から控除されます。

 
税金の先払いみたいなものなのね!

例えば30,000円の寄付を行えば、翌年の税金は28,000円減額になります。

そのため、ふるさと納税を行っても、納税者の支払い税金総額はほぼ同じです。

そればかりか、この制度を活用すれば、実質2,000円の自己負担分だけで、自分の好きな返礼品を手に入れることができるのです。

返礼品の人気ランキングではお肉や海の幸などが人気上位を占めているため、「ふるさと納税」と言うとそれらのイメージが強いかもしれません。

しかし、旅行好きの人にとって最も重宝するのは、間違いなくトラベルクーポンです(後ほど詳しく説明します)。

例えば、50,000円の寄付で15,000円のクーポンを受け取るとします。

そのクーポンを使って15,000円の宿泊費を支払う場合、実質2,000円の自己負担だけで15,000円分の宿泊滞在(例:沖縄県恩納村クーポン対象宿)を楽しめることになります。

わずか2,000円の負担だけでワンランク上の旅を楽しめるのは驚きではありませんか?

このトラベルクーポンほど、旅行好きの人の心を躍らせる制度はないと言えます。

自分の寄付上限額はいくら?

どの自治体にいくら寄付しても構いませんが、ふるさと納税制度の寄付上限額を上回る寄付をしても、その分の税控除は受けられません。

そこで、制度利用のための寄付上限額を正しく知ることが重要です。

自己負担額が2,000円を超えずに寄付できる上限額の目安を知るためには、かんたんシミュレーターを使うと便利です。

かんたんシミュレーターを使うと、寄付上限額(目安)は以下の例のようになります。

年収300万円、独身、扶養家族なし…寄付上限額29,717円
年収500万円、既婚、配偶者控除あり、子ども(~15歳)1人…54,825円
年収800万円、既婚、配偶者控除あり、子ども(~15歳)1人…123,200円

さらに詳しい額を知りたい場合は、源泉徴収票(または確定申告書)を見ながら具体的数値を入力する詳細版シミュレーターを使うと便利です。

このシミュレーターで計算した寄付上限額を超えないよう、十分に気をつけてください。

楽天市場からふるさと納税をするとポイントも貯まる!

ふるさと納税が行えるサイトはいくつもありますが、「楽天ふるさと納税」なら楽天ポイントが貯まるため、さらにお得です。

寄付額が大きいだけに、還元されるポイント数も大きいです。

例えば、30,000円の寄付でポイント還元率4%の場合、還元されるポイントは1,200円になります。

この還元ポイントの大きさが「楽天ふるさと納税」の魅力です。

0や5のつく日など、楽天で実施されるポイントアップキャンペーンを利用すると、さらにお得です。

楽天トラベルクーポンの使い方は?

ふるさと納税のトラベルクーポンには様々なものがあります。

それらの中でも、特に使い勝手が良いのは「楽天トラベルクーポンです。

「楽天トラベルクーポン」なら、ふるさと納税の返礼品が楽天トラベルのサイトで利用できるクーポンのため、操作が簡単

楽天トラベル画面の決済時に、クーポン割引を適用するだけの手軽さです。

具体的には、以下のステップで行います。

STEP
寄付をする自治体を決める

最初に、寄付を行う自治体を決めます。

上記リンク先で、ページ下へスクロールすると、「取り扱い自治体一覧」があります。

ここから、自分が旅行へ出かけたい場所を選びます。

STEP
返礼品としてのトラベルクーポンを受け取る

寄付を行うと、2、3日後にはトラベルクーポンが付与されます。

詳細については、「楽天トラベルクーポンのご利用方法」に書かれています。

STEP
対象宿泊施設一覧の中から宿泊先を決め、クーポンを使って予約する

対象宿泊施設一覧から宿泊先を決め、楽天トラベルクーポンを使って予約します。

例えば、京都市に寄付した場合、京都市クーポン対象宿の中から宿泊先を選択します。

数千円程度の低価格ホテルでも、数万円以上の高級宿でもクーポン利用が可能です。

ただし、予約に関してはクーポン付与日から3ヶ月(89日)以内、またクーポン付与日から6ヶ月以内(180日以内)にチェックアウトする必要があります。

その他、「楽天トラベルクーポン」の詳細については、公式ページを参照してください。


よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
メニュー
閉じる