東京駅お土産屋5店(エリア)マップを作った! 営業時間一覧:朝6時半~22時半

2018年3月2日に調べてきました。

最初に、東京駅の構内図とこれから説明するお土産店(エリア)の一覧マップを掲載します。

赤丸の位置がグレー色や黄色の中であれば「改札内」、白部分にあれば「改札の外」を表しています。

上のマップを参考に待ち合わせ場所を決めたら、該当番号①~⑨のところへジャンプしてください。

1.改札内の土産店

最初に、改札内のお土産店を紹介します。

①東海道新幹線改札内のGIFT KIOSK(6:40~21:50)

東海道新幹線改札内には大きなお土産屋さんはありません。

お土産を買い忘れた場合などに便利なのはGIFT KIOSKです。

こちらは新幹線・八重洲中央南口です。

GIFT KIOSKは新幹線・八重洲中央南口のすぐ目の前(改札内)にあります。

こじんまりとしていますが、各種土産が揃っています。

② 銘品館東京南口(6時半~21時半)

JR改札内で「八重洲南口」と「丸の内南口」の中間あたりに、銘品館があります。

ここには洋菓子の名店6店が並んでおり、賑わっています。

③エキュート東京(8時~22時)

洋菓子店や和菓子店などが数軒入っているショッッピングエリアです。

②で紹介した銘品館のすぐ横にあるため、合わせて立ち寄りたいエリアです。

④駅弁屋 祭 グランスタ店(5時半~23時)

お土産屋さんではありませんが、駅弁を買うのであれば一番のおすすめはここ、駅弁屋「祭」です。

海鮮、寿司、幕の内、肉、キャラクターなど、とにかくお弁当の種類が豊富なのです。

駅改札内でお弁当を買うのであれば、ここで決まりでしょう。

2.改札の外の土産店

ここからは、一般の人たちも立ち寄れる、改札の外の土産店を紹介します。

⑤TOKYU Me+(東京ミタス)(9時~20時)

最初に紹介するのは、トウキョウミタス。

かなり大きなショッピングエリアで、洋菓子や和菓子の他、佃煮など30店舗が入っています。

⑥GRAND KIOSK東京(6時半~22時半)

グランドキヨスク東京は、東海道新幹線「八重洲中央北口」改札の並び(改札の外)にあります。

在来線で言いますと「八重洲中央口」のすぐ近くです。

東京を代表するお土産各種を取り揃えています。

早朝から深夜まで営業しているのも便利ですね。

⑦東京おかしランド(9時~21時)

お菓子好きにはたまらないのが、「東京おかしランド」。

森永や、グリコ、カルビーなどの目新しい商品が勢ぞろい。

ここでしか買えない限定商品もあるため、お土産にピッタリです。

⑧東京キャラクターストリート(10時~20時半)

その名のとおり、キャラクターものが勢揃いしています。

ありとあらゆるキャラクターがあるので、お気に入りのものを探してみましょう。

⑨東京ラーメンストリート(10時半~23時)

お土産ではありませんが、小腹がすいていれば立ち寄りたいのがこちらのラーメンストリート。

有名店8店が立ち並んでいて、その中には朝7時半から営業しているお店もあります。


メジャーな駅の構内図とお土産店、お得なキップ