東京駅:お土産屋8店マップを作った! 営業時間一覧:朝6時半~22時半

2019年5月3日に情報を更新しました。

赤丸の位置がグレー色や黄色の中であれば「改札内」、白部分にあれば「改札の外」を表しています。

上のマップを参考に待ち合わせ場所を決めたら、該当番号①~⑨のところへジャンプしてください。

新幹線改札内の土産店

最初に、新幹線改札内のお土産店を紹介します。

①東海道新幹線改札内のGIFT KIOSK(6時40分~21時50分)

新幹線の東京駅には「八重洲南口」「八重洲中央南口」「八重洲中央口」「八重洲北口」「日本橋口」の5つの改札口(※在来線との乗換口を除く)があります。

東海道新幹線改札内には大きなお土産屋さんはありませんが、ちょっとした買い物に便利なのは「GIFT KIOSK」です。

「GIFT KIOSK」があるのは、「八重洲中央南口」改札前(改札内)です。

品数は少なめですが、土産品を買い忘れた時などには、改札内にあるため役立ちます。

バターバトラー

バターバトラー4個入り(税込864円)を買ってみました。

5センチ角くらいで、それほど大きいわけではありませんが、キャラメル味がしっとり濃厚で食べごたえがあります。

プリンのキャラメルが好きという人には気に入られるお土産でしょう。

在来線改札内の土産店

続いて、在来線改札内の土産店を紹介します。

② 【おすすめ】銘品館東京南口(6時半~21時半)

新幹線と在来線とをつなぐ「南乗換口」の目の前に銘品館(在来線の改札内)があります。

上の赤い丸で囲ったところが銘品館です。

目印は、上の巨大な柱です。

ここには東京の有名洋菓子6店が入っていて、賑わっています。

東京百年物語

こちらは株式会社シュゼットのブランド・シーキューブの「東京百年物語」(720円+税)。

表も裏もパッケージデザインが素晴らしいです。

一口サイズのチョコレートマドレーヌです。

濃厚なチョコ味が存分に感じられ、午後のティータイムにぴったり。

コーヒーより紅茶の方が、チョコレート感がさらに感じられていいかもしれません。

程よい硬さとしっとり感で、チョコ好きの人に喜ばれること間違いなしの土産品です。

改札の外の土産店

ここからは、一般の人たちも立ち寄れる、改札の外の土産店を紹介します。

③【おすすめ】TOKYU Me+(東京ミタス)(9時~20時)

トウキョウミタスは、洋菓子や和菓子の他、佃煮など30店舗が入っているお土産選びにぴったりのショッピングエリアです。

新幹線及び在来線の「八重洲北口」改札を出てすぐ左側の「東京駅一番街」へ入ったところに店舗があります。

かなり大きなエリアなので、見落とすことはまずありません。

トウキョウミタスでは特に洋菓子類が豊富で、試食できるものも多いです。

洋菓子を買う時の注意点は唯一、賞味期限。

東京ダコワーズ

こちらは「東京ダコワーズ・トウキョウミタス店」。

上はフランボワーズ(120円+税)と「ティグレレモン(200円+税)」。彩りも味も良くてお土産にしたかったのですが、賞味期限が1周間程度だったため、自分用にバラで買いました。

フランセのミルフィユ

こちらは、お土産用に購入したフランセ(株式会社シュクレイ)のミルフィユ。

自宅用にはイチゴ味(8個入で税込1,080円)を、職場用には12個入で税込1,620円(いちご、れもん、ピスタチオ、ジャンドゥーヤの4つの味)を購入しました。賞味期限は約2ヶ月です。

個人的にミルフィユのパサパサ感は苦手なのですが、こちらのミルフィユは、甘酸っぱいクリームで全体がしっとりコーティングされています。

一口かじると、フワッとイチゴの酸味とミルククリームが口いっぱいに広がり、これはケーキと言っていいかもしれない絶品スイーツです。

④GRAND KIOSK東京(6時半~22時半)

グランドキヨスク東京は、東海道新幹線「八重洲中央北口」改札の並び(改札の外)にあります。

在来線では「八重洲中央口」改札の近くです。

東京を代表するお土産各種を取り揃えています。

早朝から深夜まで営業しているのも便利ですね。

東京ばな奈チーズケーキ

こちらは「東京ばな奈チーズケーキ」(4個入り、560円+税)。

東京ばな奈と言うより、チーズケーキに近く、一口サイズながらかなりの美味。

エスプレッソコーヒーなどと一緒に食べたい、甘み控えめながら濃厚な味です。

ショコラパフリィ-銀のぶどう

こちらは、かわいい紙袋に入ったショコラパフリィ-銀のぶどう(6個入りで税込699円)です。

食べごたえがあり、ザクッ、ボリッという食感が楽しめて個人的には大好きです。

ただし、ちょっと硬めのお菓子なので好き嫌いが分かれるかもしれません。

ゴロッとしたグラノーラなどが好きな人には気に入られると思います。

⑤【おすすめ】東京おかしランド(9時~21時)

スナック好きにはたまらないのが「東京おかしランド」。

在来線の「八重洲地下中央口」改札を出てすぐのところにあります。

森永や、グリコ、カルビーなどの目新しい商品が勢ぞろい。

限定商品もあり、おつまみに役立つものも多くあります。

お土産だけでなく、家へ帰る途中で食べたりするのにもピッタリです。

⑥東京みやげセンター(9時~21時)

東京おかしランドの斜め前にある店舗が「東京みやげセンター」です。

上の赤い丸で囲んだところに店舗があります。

店舗もそれなりに広く、職場や友だちなどに買うお土産にぴったりです。

⑦【おすすめ】東京キャラクターストリート(10時~20時半)

その名のとおり、キャラクターものが勢揃いしています。

「東京おかしランド」近くにあり、「八重洲地下中央口」改札あたりから大きな案内表示が出ているのですぐに分かります。

ありとあらゆるキャラクターがあるので、お気に入りのものを探してみましょう。

⑧ギフトキヨスク八重洲南(7時~22時半)

新幹線「八重洲南口」改札の近くには「ギフトキヨスク八重洲南」があります。

職場や友だちなどに配るのに便利なお土産品が並んでいます。


関連記事

東京の主要駅に関する情報をまとめました。 東京のお土産屋マップ 東京駅(6時半~22時半) 品川駅(5時半~22時20分) [adcode] JRの駅の構内図と待ち合わせ場所 山手線 [sitecard subtitl[…]