ノマドワーカーとは? あなたも新しいライフワークで仕事をしてみる?

最近、ノマドワーカーという言葉をよく耳にしますね。
ノマドとは一体、何なのでしょうか?

ノマドとは?

ノマドとは、英語で『遊牧民』を指す言葉で、インターネットを駆使し、自由に自分の好きな場所で仕事をするスタイルを指します。

ノマドワーカーは、インターネット回線とパソコンさえあれば、時間や場所を問わず、それこそ、海外を飛び回りながら仕事をすることもできます。

ノマドワーカーの例としては、ライターやデザイナーなどクリエイティブな仕事をされる方、フットワークが軽くクライアントの元へ向かうことが有利になるコンサルティング業・カウンセラーの方などが挙げられます。

中にはブログで有益なコンテンツを発信して、広告収入で稼ぐ「プロブロガー」と呼ばれる方もおられます。

オフィスを持たないビジネススタイルも

ノマドワーカーには、オフィスを持っているけれどもあえてオフィス外で仕事をする場合と、最初からオフィスを持たずに仕事をする場合との2タイプがあります。

オフィスを持たない場合、テナント料やオフィスの維持費(光熱水費など)を支払う必要がないため、合理的なビジネススタイルであるとも言えます。

ホテルや出先のカフェなど、好きな場所で自分のペースに合わせた仕事ができることも大きな魅力ですね。

また、公衆Wi-Fiや電源コンセントを自由に使えるカフェやコワークスペースの普及も、ノマドワーキングを後押ししていると言えるでしょう。

コミュニケーション能力が重要?

もちろん、魅力的なことばかりではありません。特定の企業に属していないフリーランスの場合、福利厚生は当然自分で用意しなければなりません。

また、コネクションがない状態では継続的に安定した仕事を得ることは難しいという問題もあります。

営業マンは自分自身となるわけですから、通常の仕事の数倍もコミュニケーション能力が要求されます。

組織に所属していたら誰かが円滑に回してくれる仕事も全て自分でこなす必要があるため、間違っても「会社の人間関係から解放されたいからノマドワーカーを目指す」などとは考えないほうが良いでしょう。

反対に、自己プロデュース力があれば、たった一人でもより高みを目指すことができるワークスタイルと言えます。

自分の強みを作り、ネット上で積極的にアピール

もし、コネがないけれどもノマドワーカーとして生きたいと考えるなら、自分の強みを作り、積極的にインターネットで配信していく必要があります。

その一方、自分をプロデュースできなければ、末端の仕事を薄利で請け負うしかなくなり、企業に勤めていた方が余程自由があった……という事態になりかねません。

ノマドワーカーの可能性

完全なフリーランスのノマドワーカーが生き残っていくのは並大抵のことではありません。

しかし、インターネットが普及した今、オフィスに決まった時間に出社して仕事をするという形にこだわる必要がなくなりつつあるのも事実です。

実際、社員がオフィスのかわりに自宅や社外で仕事をする、テレワークというスタイルを導入する企業も増えてきています。

ノマド流のビジネススタイルが今後さらに広まっていくと考えられる以上、企業へ就職する以外の道が開けてきているとも言えます。