芝政ワールドへ行ってきた! 飲食物の持ち込みは? 混み具合は?

2019年8月17日に出かけてきました。

住所:〒913-0005 福井県坂井市三国町浜地45−1
TEL:0776-81-2110
営業時間:公式サイトで要チェック
営業日:公式サイトで要チェック
料金(スーパーパスポート):中学生以上3,700円、子ども2,600円、3歳未満無料
駐車場:無料
芝政ワールド公式HP


アクセス

駐車場代は?

私たちが着いたのは10時半過ぎ。

お盆のハイシーズンにもかかわらず渋滞一切なしで、ゲートでの待ち時間もなしで入園できました。

駐車場は芝生の原っぱです。

駐車場代は無料でした。

駐車場から芝政ワールドの入口まではかなり離れていて徒歩ではかなり厳しいですが、無料のシャトルバスが出ていて楽々アクセスできました。

シャトルバスは一台出ればすぐまた次のバスが到着という感じで待ち時間は数分程度。

こちらが芝政ワールドの入口にある施設「アンティークモール」です。

施設の横には広大な日本海が広がっていて、素晴らしいロケーションです。

暑いのでわざわざ見に行きませんでしたが。

芝政ワールドの飲み物の料金は?

芝政ワールドの飲み物に関しては、園内のお店ではかなり高くつきます。

Mサイズで200円、Lサイズで300円程度でした。

ファミリーで出かける際はかなりの出費になります。

芝政ワールドでは飲食物の持ち込みは禁止になっています。

参照:芝政ワールドのページ

しかし、先に紹介した「アンティークモール」の入口には飲み物の自販機があり、通常の自販機価格で販売されています。

園内で自販機は見かけなかったので、ここでペットボトルの飲み物を買い込んで持ち込めばかなり経済的だと思います。

レストランメニューの料金は?

飲み物同様、食べ物も持ち込み禁止です。

しかし、こういう場所にしてはレストランの食べ物の値段は良心的な方だと思います。

幼児連れでも楽しめる施設は?

プールに関しては後ほど触れます。

遊園地に関しては、比較的低年齢の子向けだと思います。

こちらのジェットコースターは110cm以上であれば乗ることができます。

バイキングも110cm以上であれば利用可です。

上の画像の左側の大型船は、アスレチックなので幼児でも楽しめます。

幼児の遊び場としては、こちらの「キッズパラダイス」が大いに役立つと思います。

スーパーパスポートさえあれば、施設内でも無料で楽しめます。

巨大迷路などは、なかなか本格的で大人でも楽しむことができました。

「スパイからの挑戦状」という謎解きも行われており、親子で探偵ごっこを楽しむこともできます。

私も子どもと一緒に挑戦しましたが、難易度2でもかなり難しかったです。

慣れいていない人は最も難易度の低いものを選んだ方が良さそうです。

プールのコインロッカー料金は?

ネットを見ているとプールのコインロッカー代が高いというコメントを見かけました。

コインロッカー利用料400円は確かに高いように思えます。

しかし、このコインロッカーは中央にある「お帰りボタン」を押さない限り、何度でも開閉できるしくみなのです。

これはとても便利なシステムです。

なにせ、プールだと貴重品は持ち歩けませんし。

また最後に100円は返却されるので、ロッカー代は実質300円です。

私自身は、良心的な価格に思えました。

プールは幼児でも楽しめる? アトラクションの待ち時間は?

プール入口にはエアーポンプがあり、無料で空気入れを行えます。

流れるプールは2ヶ所あり、一つは水深60cm程度、もう一つは水深110cm程度でした。

スライダーも年齢に合わせて様々な長さのものがあるので、幼児でも十分楽しめます。

また、室内プールもあるので天気が急変した時でも安心です。

プールエリアはとにかく広く、小さい子から大人まで楽しめるよう随所に工夫がされています。

ウォータースライダーなどの待ち時間が比較的短いのもうれしいです。

リゾートプールの目玉は「ザ・モンスターウイング」と「ザ・モンスタースライダー」ですが、私が見に行った14時頃には「ザ・モンスターウイング」は待ち時間ゼロ、「ザ・モンスタースライダー」は待ち時間20分でした。

なお、この2つのアトラクションに関してはスーパーパスポート以外に、1人1回500円が必要になります。

芝生エリアではサンシェード利用が可!

プールサイド横の芝生エリアでは、サンシェードの利用が可能です。

テントやパラソルなども2m x 2mを超えないものであれば使用可能ですが、ほとんどの人はサンシェード利用です。

ということは、ぶっちゃけ、コンビニなどで買ったお弁当などを持ち込んでも分からないということになりますが、先に述べたとおり、飲食物の持ち込みは禁止されています。

いずれにしても、サンシェードが利用できるのは、子連れファミリーにはうれしいことですね。

お土産物を買う場所は?

お土産物に関しては、「アンティークモール」で買い求めることができます。

銘菓などの種類も豊富で、お土産物選びはかなり楽しめるはずです。

前日に福井駅の土産店へ行ってきましたが、芝政ワールドの土産店の方がはるかに広い店舗面積です。

私は、フルーツジュレやミルフィーユ、フルーツタルトなどを買いました。

お土産の値段は全体的に安めなので、ここでも良心的だなあと感じました。


関連記事

福井県のお出かけスポットをまとめています。 [sitecard subtitle=関連記事 url=https://123a.jp/archives/14850] [sitecard subtitle=関連記事 url=http[…]

IMG