Amazonタイムセール終了間近! セールを見る

志摩スペイン村2DAY:食べ物持ち込みは? ランチおすすめは?

8月13日から14日にかけて1泊2日で、三重県にある「志摩スペイン村」へ出かけてきました。

1日目のランチ、ディナー、2日目のランチと計3回の食事。

気になるのはその予算ですね。

おすすめレストランも含め、「志摩スペイン村」を満喫する方法をたっぷり紹介します。


メニュー

志摩スペイン村を満喫するなら1泊2日がおすすめ!

まず最初にお伝えしたいのは、「志摩スペイン村」を満喫するなら1泊2日がおすすめということ。

なにせ、名古屋駅から片道約2時間大阪難波駅から片道約2時間半かかります。

ちょっと離れたところに位置しているため、旅行気分を味わうにはピッタリ!

その一方、日帰りで出かける場所としては厳しいです。

そこで、ぜひ活用したいのが、「志摩スペイン村」の2DAYパスポートです。

「志摩スペイン村」のチケット代金は、決して安くありません。

しかし、「志摩スペイン村」敷地内にはオフィシャルホテルである「ホテル志摩スペイン村」と直営ホテルである「シーズンインアミーゴス」があります。

いずれかのホテルを利用すると、ホテル宿泊者特典として格安価格で2DAYパスポートを購入できるため、とてもお得なのです。

まずは、宿泊費をチェックしましょう。

格安ホテル「シーズンインアミーゴス」に宿泊!

今回、我が家では予算の関係で「シーズンインアミーゴス」へ宿泊しました。

8月13日から14日にかけて宿泊しましたが、「シーズンインアミーゴス」の1泊料金は1人税込4,400円と格安!

家族6人の宿泊費は4,400円 x 6人で26,400円。

宿泊料金を抑えることで、食事などの予算を増やすことができました。

「シーズンインアミーゴス」宿泊の特典としては、主に次の4つでした。

  1. 2DAYパスポート:通常6,800円が3,400円に!(※子ども4,600円が3,400円に!)
  2. ひまわりの湯:通常1,200円が700円に!(※子ども800円は500円に!)
  3. プール:通常900円が700円に!(※子ども500円が400円に!)( 公式ページ
  4. 通常1,300円の「パルケエスパーニャ」駐車場代が無料に!

温泉「ひまわりの湯」とプールを利用する場合、日帰りでは、1DAYパスポート5,400円+温泉1,200円+プール900円+駐車場1,300円。合計8,800円になります。

一方、「シーズンインアミーゴス」へ1泊する場合、ホテル代4,400円+2DAYパスポート3,400円+ひまわりの湯700円+プール700円。合計9,200円になります。

わずかな金額をプラスするだけでパークを2日間満喫できるため、1泊2日の方が圧倒的にお得です。

むしろ、「志摩スペイン村」を満喫したいなら、泊りがけで出かける以外は考えられないと言えます。

シーズンインアミーゴスの駐車場は無料

「シーズンインアミーゴス」の駐車場は無料で利用できます。

宿泊当日の朝からチェックアウトまでは車の出し入れも自由です。

ただし、チェックイン時に車のナンバーをフロントへ伝える必要があります。

また、チェックアウト後、「志摩スペイン村」の「パルケエスパーニャ」駐車場代(1,300円)が無料になります(1日目の宿泊当日は有料)。

1日目もチェックイン前から「シーズンインアミーゴス」の駐車場は無料利用できますが、「パーク(パルケエスパーニャ)」へのシャトルバスがない時間帯の場合、「パルケエスパーニャ」まで徒歩(約15分)で向かう必要があります。

シーズンインアミーゴスの朝食は1種類のパンとコーヒー・紅茶のみ

格安で泊まれる「シーズンインアミーゴス」ですが、朝食は1種類のパン(食べ放題)とコーヒー・紅茶のみです。

ホテル側の厚意で出しているパンと飲み物ですが、これだけの朝食で満足でない人は、ホテルから徒歩10分のところにあるファミマで調達しておきましょう。

割引券が必要な場合、必ずフロントで申し出ること

2DAYパスポート割引券、ひまわりの湯割引券、プール割引券、駐車無料券が必要な場合、いずれも「シーズンインアミーゴス」のフロントで申し出る必要があります。

支払いは、いずれも現地で行います。

割引券の発行依頼を忘れないよう、気をつけましょう。

割引券を実際に利用した!

参考までに、我が家の例をお伝えします。

我が家では、大人5人と小学生1人で出かけました。

1日目は朝11時頃に「シーズンインアミーゴス」へ到着。

フロントで手続きを済ませ、2DAYパスポート割引券プール割引券を受け取りました。

11時台にはシャトルバスがないため、そのまま徒歩で「志摩スペイン村」の「パルケエスパーニャ」へ。

1日目の帰りは、シャトルバスで「シーズンインアミーゴス」へ戻りました。

その後、車で近くのコンビニへ出かけ、再びホテルへ戻りました。

2日目は、フロントでひまわりの湯の割引券と、「パルケエスパーニャ」の無料駐車券を受け取りました。

チェックアウト後は、そのまま「パルケエスパーニャ」へ車で直行です。

参考までに、我が家(大人5人+子ども1人)での割引額を計算しました。

割引券なしの場合
  • 2DAYパスポート(大人6,800円x5人)+(子ども4,600円)=38,600円
  • プール(大人900円x5人)+(子ども500円)=5,000円
  • ひまわりの湯(大人1,200円x5人)+(子ども800円)=6,800円
  • 「パルケエスパーニャ」駐車場代1,300円

割引券なしの場合、合計額は51,700円になります。

割引券ありの場合
  • 2DAYパスポート(大人3,400円x5人)+(子ども3,400円)=20,400円
  • プール(大人700円x5人)+(子ども400円)=3,900円
  • ひまわりの湯(大人700円x5人)+(子ども500円)=4,000円
  • 「パルケエスパーニャ」駐車場代は無料

割引券ありの場合、合計額は28,300円。

割引券なしの金額と比べ、なんと、23,400円も安くなりました。

驚きの割引額です。

志摩スペイン村「パルケエスパーニャ」への食べ物・飲み物の持ち込みは?

志摩スペイン村のパーク(パルケエスパーニャ)レストランは、他のテーマパーク同様、かなり高いです。

予算が限られている場合、食費については、事前によく考えておく必要があります。

我が家では、11時半頃に「志摩スペイン村」へ着き、車の中で食べようと思っていたおにぎり類が残っていたため、最初に「ピクニック広場」へ出かけ、軽く食事をすることにしました。

ピクニック広場は、エントランスのすぐ隣(パーク外)

ピクニック広場」は、エントランスから20メートルくらいの距離のところにあります( マップ )。

こちらがエントランス。

この右手に「ピクニック広場」があります。

ピクニック広場には屋根付きエリアもあるため、小雨程度でも大丈夫です。

運が良ければイス付きのテーブル席を利用できますし、テーブル席が満席でも、ズラッと並んでいりベンチを利用することもできます。

また、レジャーシートを持参しておけば、芝生で食べることもできます。

「志摩スペイン村」の公式サイトを見ると、パークへの飲食物の持ち込みについては次のように書かれていました。

安心安全で楽しく快適にお過ごしいただくために、パーク内への飲食物のお持込みは原則お断りしております。

※ペットボトル・水筒は持ち込みいただけます(大型のクーラーボックス等の持込はお断りさせて頂く場合がございます)。 園内各所に自動販売機を設置しております。 また、園内には、屋外ミスト(夏季のみ)、噴水など「涼」を感じて頂ける場所も設けております。

熱中症にならないよう小まめな水分補給をお摂りいただきお楽しみください。なお、アトラクション利用時には、飲食をお断りしております。

※お弁当などを持参された場合は、パーク外の「ピクニック広場」をご利用ください。 また、ピクニック広場は、パーク外にありますので、退園時にゲートで手にスタンプの押印をお受けください。

パーク内への飲食物の持ち込みは原則禁止だけれども、ペットボトルや水筒はOK

持参したお弁当を食べたい場合は、パーク外の「ピクニック広場」を利用してくださいとのこと。

再入園については、公式サイトに次のように書かれていました。

当日のみ再入園が可能です。パークへ再入園する場合は退園時にゲートで手にスタンプをお受けください。

再入園OKというのは助かりますね。

「ピクニック広場」はエントランスのすぐ近くのため、移動にそれほど時間がかかりません。

食費をなるべく削りたい人は、検討の価値ありです。

パーク内の飲み物の料金は?

パーク内の飲み物は自動販売機では200円

露店やレストランでは350円前後になります。

そのため、飲み物代を安く済ませたい場合は、水筒やペットボトルを持参するのがおすすめです。

チュロスだけお店で注文し、水筒のお茶を飲みながら店内でチュロスを食べているファミリーも多かったため、街の中のレストランほど飲み物の持ち込みは厳しくないようです(2022年8月現在)。

我が家でも、水筒のお茶を飲みながら店内でチュロスを食べました。

チュロスは2本入りで400円

1本あたり200円のため、コスパがいいですね。

しかも、外側はカリッとしていても、中はしっとりやわらか。今まで食べたチュロスの中で一番の美味しさです。

志摩スペイン村「パルケエスパーニャ」のおすすめレストランは?

公式サイトを見ると、パーク内のレストランが一覧になっていました。

  • アルハンブラ(スペイン料理:72席)…マヨール広場
  • ヒラソル(スペイン料理)…ホテル志摩スペイン村
  • サルー(カフェテリア:90席)…エスパーニャ通り
  • コメドル(2022年5月現在、休止中)
  • トレロ(2022年5月現在、休止中)
  • アミーゴ(ファストフード:150席)…フィエスタ広場
  • エルパティオ(カジュアルレストラン:380席)…カルメン通り
  • 的矢(麺類や伊勢志摩の郷土料理:166席)…マヨール広場
  • ミ カサ(ベーカリー:74席)…マヨール広場
  • ピザ ラ ロハ(ピザ:60席)…エスパーニャ通り
  • チィコ チィコ(キャラクターカフェ:105席)…エスパーニャ通り
  • エルマーノス(2022年5月現在、休止中)

今回、我が家で利用したのは、エントランスを抜けたところにある「エスパーニャ通り」にある「ピザ ラ ロハ」、「エスパーニャ通り」を抜けたところの左手正面にある「エル パティオ」、「フィエスタ広場」へ入ってすぐ右手にある「レストラン アミーゴ」、「スモールバル」、ホテル志摩スペイン村内の「ヒラソル」です。

エスパーニャ通り

8月13日から14日にかけては、かなりの人出で、どのレストランも満席に近い状態でした。

その中でも比較的利用しやすかったのが、「エル パティオ(380席)」と「レストラン アミーゴ(150席)」です。

いずれも席数が多く、注文してから料理ができるまでの時間がスピーディーでした。

エル パティオ(380席)

1日目のランチに利用したのは「エル パティオ」。

あらかじめ「ピクニック広場」で軽く食事をしていたため、「エル パティオ」では、イベリコ豚ベーコンのパエリャ(1,600円)、ひまわりカレー(1,280円)、スペアリブパエリャ(1,700円)、シーフードパエリャ(1,500円)の4皿(6,080円)のみ注文。

小皿6枚をつけてもらい、6人でシェアして食べました。

そのため1人あたりの料金は1,013円。

「エル パティオ」で上記以外のメニューとしては、ビーフカレー980円などがあります。

レストラン アミーゴ(150席)

1日目のディナーの場所に選んだのは「レストラン アミーゴ」。

「アミーゴ」はカフェテリアスタイルのレストランです。

ここでは、ハニーマスタードチキンバーガーセット1,040円、イベリコバーガーセット1,170円などを注文しました。

写真は撮り忘れていますが、ポテトがカリカリしていて美味しかったです。

メニューは上記の他、ビーフカレー990円、スペインオムレツバーガーセット1,060円、ローストビーフオムライス1,390円など。

ピザ ラ ロハ(ピザセット1,270円、チュロス400円など:60席)

ピザ ラ ロハ」では、様々なピザを楽しめます。

「軽麺(カルメン)」なるものも税込600円で販売されていました。

我が家では、おやつ代わりにここでチュロス(2本入400円)を注文しました。

「ピザ ラ ロハ」では、BBQピザセット990円、てりやきチキンピザセット980円の他、軽麺600円などがあります。

セットでは、ハッシュドポテトとドリンクがついています。

スモールバル(チュロス400円、ドリンク360円など)席なし

レストランではありませんが、パーク内には「スモールバル」と呼ばれる露店があります。

こちらでもチュロス(2本入400円)をいただきました。

待ち時間がほとんどなく買えるのが魅力です。

ドリンク類は高めなので、パーク内の自販機で飲み物(約200円)を買うのも一案です。

ヒラソル(美味しい食事を楽しみたいならココ!)

ヒラソル」は、ホテル志摩スペイン村の中にあるレストランです。

8月14日(日)のランチタイムは、どこも満席の状態。

そこで人混みを避け、「ホテル志摩スペイン村」の「ヒラソル」でランチをとることにしました。

「ヒラソル」のお客さんは少なく、すぐに席へつくことができました。

店内は席と席の間隔も広く、おしゃれな装飾品に囲まれています。

窓からの眺めも美しいです。

「ヒラソル」では、夏ランチ「ラ・トマティーナ」(税込2,800円)を注文しました。

こちらは、前菜のトマトとキュウリのスープ。

メイン料理は、チキンか白身魚かを選べます。

デザートもおしゃれ。

上記の他に、パンとドリンクとサラダもついています。

ドリンクはコーヒー・紅茶以外にもオレンジジュース・アップルジュースから選べました。

これだけの料理をゆっくり食べることができ、満足度はとても高いです。

志摩スペイン村の食事代の予算は?(まとめ)

今回、ランチ2回、ディナー1回を「パルケエスパーニャ」内でとりました。

1日目のランチは1,013円
1日目のディナーは1,040円
2日目のランチは2,800円

1人あたりの食事代は、3,853円でした。

それ以外には、チュロス代400円です。

意外と安く済ませることができました。

アトラクションの混み具合は?

ネットでは、人が全然いないとの情報が多くありました。

しかし、お盆の時期はかなりの人出です。

アトラクションのほとんどは10~20分待ちで乗れるものの、急流すべりなど、中には60分待ちのものもありました。

ピレネーは25分待ちでした。

繁忙期には、攻略方法をしっかり考えておいた方が良さそうです。

人気のアトラクションは?

参考までに、ぜひ訪れたい人気アトラクションをまとめておきます。

上記以外にも多くのアトラクションがあります。

花火が見られる場所は?

ナイターの花火が見られる場所は、エントランスを入ってすぐの「エスパーニャ通り」を抜けた広場(シベレス広場)です。

「シベレス広場」へ行くと多くの人が集まっているため、花火の方向がすぐに分かります。

地面に座って鑑賞することになるため、レジャーシートをあらかじめ用意しておくと便利です。

メニュー