Amazonタイムセール開催中 お得な情報を見る

iPhoneのバッテリー性能を確かめる方法は?

URLをコピーする
URLをコピーしました!

バッテリーは経年劣化によって性能が衰えます。

そのため、中古品を購入する時は特に注意が必要です。

また、バッテリーの減りが早い・急にシャットダウンするなどの不具合が生じる時も、バッテリーの状態を確認する必要があります。



メニュー

iPhoneのバッテリーの状態を確認する手順は?

iPhoneのバッテリーの状態は、以下の手順で確認します。

STEP
「設定」画面で「バッテリー」をタップする
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 0-1.jpg

iPhoneの「設定」で画面の下の方にある「バッテリー」をタップします。

STEP
「バッテリーの状態」をタップする
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 0-2.jpg

「バッテリーの状態」をタップします。

STEP
「最大容量」を確認する
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 0-3.jpg

「最大容量」を確認します。

新品の場合、この「最大容量」が100%になっています。

2年くらい経過すると、この「最大容量」が90%未満になることもあります。

80%台前半くらいまで落ちてくると、様々な不具合が発生するようになります。

突然のシャットダウンなどの情報は、この枠内に表示されます。

「最大容量」があまりにも低い場合は、バッテリーの交換や機種交換が必要になります。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
メニュー
閉じる