博多駅の待ち合わせ場所、お土産屋さんの営業時間一覧をアップしました

アウトレット滋賀竜王へ行ってきた! 人気ショップ23選! 駐車場は? 子供の遊び場は? 雨の日は?

2019年1月24日更新
2017年8月6日更新
2016年9月19日更新

正式名称:三井アウトレットパーク滋賀竜王(みついアウトレットパークしがりゅうおう)
住所:滋賀県蒲生郡 竜王町 大字薬師字砂山1178-694
TEL:0748-58-5031
営業時間:
ショップ……10:00~20:00
レストラン……11:00~21:00
フードコート……10:30~21:00
定休日:特定日を除き無休
料金:入場無料
駐車場代:無料
所要時間の目安:90~240分

三井アウトレットパーク 滋賀竜王公式HP

アクセス

目次

アウトレットパーク滋賀竜王の人気ショップ23選

2019年1月の平日の朝、来客者(店舗面積に対しての客数)が多かった順にお店を紹介します。

※日時が変われば人気店も変わると思います。順位は、あくまでも参考です。

1位*フランフラン(北モール)

この日1番人気は雑貨店フランフランでした。

安価なものからプレゼントになりそうなものまで品揃え豊富。

何よりもリラックスできる雰囲気がいいですね。私もお気に入りのショップです。

2位*ナイキ(南モール2F)

シューズ類が安く種類も豊富なため、多くの人がいました。

スポーツをする人には特におすすめのショップです。

3位*ニューバランス(南モール2F)

カジュアルシューズとしては、ニューバランスも人気ですね。

特に若い人が多かったです。

4位*チャオパニック ドゥドゥ(南モール2F)

ちょっと意外(?)な店に多くの人が入っていました。

デザインも多彩に富んでいて、かなりリーズナブルなものも多かったです。

いわゆるプチプラ系ですね。

5位*グローバルワーク(南モール2F)

全体的に落ち着いた雰囲気のデザインで、値段もリーズナブルです。

こちらもプチプラ系。

6位*レゴ(南モール2F)

子連れの来店者が多いお店です。

子どもの遊びスペースもあるためか、小さな店舗の割に人の入りがいいです。

7位*ザラ(南モール1F)

ハイセンスのデザインも多く、私もよく立ち寄るショップです。

アウトレットならではの低価格も魅力です。

8位*モンベル(南モール2F)

比較的、年配の方たちが多い店です。

健康づくりのためのトレッキングが流行っている影響?

9位*ワコール(南モール1F)

店舗はそれほど大きくありませんが、多くの女性でにぎわっていました。

10位*ユトリノクウカンマーケット by 栗原はるみ

料理家・栗原はるみプロデュースの生活雑貨店です。

小さな店ですが、年配の方たちを中心に賑わっていました。

11位*ルピシア ボンマルシェ(南モール1F)

お茶の専門店ルピシアが立ち上げたブランド「ルピシア ボンマルシェ」の店舗です。

店は小さいですが、若い人たちにも人気なようでした。

12位*靴下屋(南モール2F)

値段も手頃なため、つい立ち寄る人が多いのでしょうか。

意外と人が入っていました。

13位*ニコアンド(北モール)

アダストリアが展開する日本のファッションブランド店舗です。

店舗は大きくありませんが、それなりに人が入っていました。

14位*アース ミュージック&エコロジー(南モール2F)

アウトレットでも人の入りが良いプチプラ系店舗の一つ。

それなりに人が入っていました。

15位*イング(南モール2F)

イングは、神戸初のレディースファッションブランドです。

こちらもプチプラ系です。

16位*ユナイテッドアローズ(南モール1F)

かなりしっかりした生地のものが多かったです。

そのため、値段もちょっと高め。セール品が狙い目?

17位*ギャップ(南モール1F)

ギャップの人気に陰り?意外にも人が少なめ。

今はキッズ・ベビーの品揃えに力を入れている感じです。

メンズコーナーがかなり縮小されました。

18位*アディダス / リーボック(北モール)

アディダスやリーボックの固定ファンも多いと思います。

が、同業店舗・ナイキから比べると、こちらは人の入りが少なめです。

19位*アメリカンイーグル(南モール2F)

アメカジの店舗で、全体的に値段もリーズナブル。

店舗の広さの割には人が少なめでしたが、若い人を中心に固定ファンが多そうなデザインです。

20位*ポロ ラルフローレン(南モール1F)

客層は年配の男性が多かったです。

値段はちょっと高めですが、品質の良さはさすがです。

21位*ビームス(南モール1F)

ビームスは、輸入品やオリジナル衣料品などを展開するセレクトショップです。

値段は安くもなく高くもなく、品質はピンからキリまでという感じでした。

22位*アーバンリサーチ(南モール1F)

アーバンリサーチも、輸入品やオリジナル衣料品などを展開するセレクトショップです。

値段は安くもなく高くもなく、品質はピンからキリまでという感じでした。

23位*ラコステ(南モール1F)

店舗は小さいですが、年配の方を中心に固定ファンが多そうです。

雨の日に便利な立体駐車場へのアクセスは?

このページでの説明を分かりやすくするため、アウトレットパークの駐車場マップを作成してみました。

 

アウトレットパークの敷地内には多くの駐車場があります(いずれも無料)が、この中でも子どもさん連れや高齢の方などが利用しやすいパーキングはP1とP5です。

そのうち、最もおすすめなのはP1です。

P1は、北モール内の立体駐車場で、3階がショッピングモールになっています

そのため、雨の日でも傘なしで利用できます。

ただし、この立体駐車場への入り方は少し複雑です。

インターチェンジの側からで言うと、セブンイレブンを越えた先に「薬師」という交差点(上図参照)がありますが、ここで曲がってしまうと上の画像のようにP2やP3へ誘導されます。P7やP6方面から来た場合も当然、P2やP3へ誘導されます。

警備員の誘導に従わず逆車線から立体駐車場へ入ろうとしても、中央分離のコーンがあるため入れません。

そこで、「薬師」では曲がらずに真っ直ぐ進み、「薬師北」の交差点まで進みます

交差点には「ラーメン来来亭」(交差点の向こうにはファミリーマート)があるので、ここを左折します。

あとは道なりに進むと、立体駐車場の入り口へたどりつきます。

次に、駐車場がいつ頃から混み始めるのか、3連休の3日目(2016年9月19日)に調べてきました。

9時半の段階では、どこでも自由に停められます。

10時でも、立体駐車場の2Fには空きが多くありました。

しかし10時半には、立体駐車場が混雑気味になります。

同時間帯(10:45)のP5。立体駐車場よりも先にP5が満車になりました。

11時になると、ご覧のとおりの混み具合。

この時点でも立体駐車場にはまだ入ることができましたが、11時過ぎになると満車の可能性も高そうです。

満車になると、警備員によって他のパーキングへ誘導されます。

さらに、12時くらいになると、モールから遠く離れた臨時駐車場へ誘導される可能性が高くなります。

臨時駐車場からは無料シャトルバスが出ますが、舗装されていないため雨の日はぬかるむことが多いです。

なお、アウトレットモールまでバスで来る方法もあります。

モールの目の前がバス停なのは便利ですね。

雨の日に傘は必要?

モール内は、ほぼ屋根で覆われているので傘は不要です。

逆サイドへ行く場合でも、屋根でつながっています。

北モールと南モール間も屋根でつながっています。

エスカレーターも屋根で覆われています。

ただし、平面駐車場とショッピングモールとの移動の際に屋根はありません

バス停にも屋根がありません。

子どもの遊び場は?

子連れで来られる方へのサービスは比較的充実しています。

授乳室やおむつ替えの場所はもちろんありますし、ベビーカーの貸し出しなども無料。

またモール内の通路は広めなので、ベビーカーを押していても、それほどストレスを感じることはありません。

「ベリーガーデン」では大型遊具で遊べる!

子どもの遊び場としては「ベリーガーデン」が人気です。

大型遊具などがあり、無料で利用できます。

こちらはは12月12日の様子。寒くても子どもたちは元気ですね。

暑い日には「ポップジェット」で水遊び!

ベリーガーデンには、噴水「ポップジェット」もあります。

夏だけではなく、5月に行った時も9月に行った時も水が噴き出していました。

暖かい時期に小さな子どもさんを連れて行かれる際は、着替えをお忘れなく!

ポップジェットは30分に一度、7分ほど水が噴出します。

なお、ほとんどの子どもは噴水の周りでそのまま着替えていましたが、多目的トイレなどで着替えるのもいいかもしれませんね。

センターコートに特設の遊び場が出現することも!

センターコートではイベントもよく行われています。

この日(2015年12月12日)は、段ボールを使った巨大な遊び場(時間無制限400円)がありました。

こちらは2017年8月現在の夏休みイベント(有料)。

ふわふわや、車、ダンボール迷路、ものづくり体験コーナーなどがありました。

 LEGOのブロック遊びも楽しい!

「レゴ」店内でブロック遊びをすることもできます(無料)。

ランチができるところは? お弁当は持ち込める?

アウトレットパーク内には食事できるところが数多くありますが、繁忙期には絶対数が全く足りていません。

フードコートは11時過ぎに、ほぼ満席です。

フードコート以外のレストランでも、入り口に長蛇の列ができています。

天候さえ良ければ、お弁当持参で食べられる場所は多くあります。

モールの通路と通路の間には数多くのテーブルがあります。

また、「ベリーガーデン」の奥には芝生エリアが広がっているので、ここでお弁当を広げて食べるのも良さそうです。

なお、レジャーシートはアウトレットモール内のコンビニで買うこともできます。


関連記事

近江八幡市・東近江市・竜王町でのおすすめスポットをまとめてみました。 [sitecard subtitle=関連記事 url="https://123a.jp/archives/3884"] [sitecard subtitle[…]