ひらかたパーク|お得なクーポンや割引券は?お弁当の持ち込みは? 子連れで楽しめるがサービスは???の遊園地

2017年5月3日に出かけてきました。

(基本情報)
住所:枚方市枚方公園町1−1
TEL:072-844-3475
営業時間:公式HPで要確認
料金:
大人… 入園+フリーパス4,400円、入園のみ1,400円
小学生…入園+フリーパス3,800円、入園のみ800円
2歳~未就学児…入園+フリーパス2,600円、入園のみ800円
駐車場:1日1500円

滞在時間の目安:オールデイ
アクセス

ひらかたパーク公式HP

京阪電車とセットになった割引券がかなりお得!

今回出かけたのはゴールデンウィーク期間。車で出かけると渋滞しているのは明らかです。

そこでどうすればひらかたパークに少しでも安くで行けるかを考えて見つけたのがこちらの「ひらパーGo!Go!チケット」。

滋賀方面から京都へ向かう時には、東福寺で京阪電車に乗り換えるのが一番。

東福寺の改札横の窓口で即時発行してもらえました。

ice_2017-05-06-13-02-24-728

このチケットのすごいのは、「京阪線全線乗り降り自由」なのに加えて、「入園券」がセットになっていることです。

しかも、フリーパスポート購入の際も通常価格から300円引きされるのです。

実際に、いくら安くなるのか計算してみました。

この日は、大人1人と小学生2人。

まずは通常料金の場合。
東福寺⇔枚方公園 大人350円✕往復=700円、小学生180円✕往復✕2人=720円
入園券+フリーパスポート 大人4,400円、小学生3,800円✕2人=7,600円
つまり合計で13,420円となります。

一方、「ひらパーGo!Go!チケット」を使った場合。
Go!Go!チケット 大人1,400円、小学生800円✕2人=1,600円
フリーパスポート 2,700円✕3人=8,100円
つまり合計で11,100円となります。

なんと、「ひらパーGo!Go!チケット」を使うことで2,320円もお得になりました!

「ひらパーGo!Go!チケット」だと、入場券売り場で並ばなくてもいい !?

こちらが正面ゲートです。

1

到着したのは10時過ぎでしたが、案の定、たくさんの人。

しかしなんと、「ひらパーGo!Go!チケット」を持っている人はわざわざ並ばなくてもそのまま入園できるのです。

これは便利です!

2 (1)

が、フリーパスを購入したい場合は、園内で別途購入しなければなりません。

正面入ってすぐ右横にある「正面インフォメーション」は、すでに長蛇の列。

これじゃ結局、並ばないといけないじゃん!!

2 (2)

後から知ったのですが、フリーパスは「正面インフォメーション」だけではなく、「中央インフォメーション」でも購入できるそうです。

「正面インフォメーション」が混んでいる場合は、迷わず「中央インフォメーション」を目指しましょう!

キッズ向けのアトラクションはGWでも意外と乗れる

小さい子連れファミリーにうれしいのは、ここだではキッズ向けのアトラクションが多いことです。

最初に乗ったのはこちらの「ファンタジークルーズ」。

待ち時間は10分ほどでした。

45

こちらは、「からくりやしき摩訶不思議堂」。

待ち時間なしで入れました。が、あまり面白くはなかったです。あえて入る価値はないかも。

6

続いて乗ったのが、「3Dレーザーバトル 魔界の森伝説」。

こちらは待ち時間が20分ほどでしたが、その価値ありでした。

7

キッズエリアで待ち時間が長かったのはこちらの「ラウディ」。ジェットコースターです。

89

続いて乗ったのはこちら。

こちらは待ち時間20分くらいだったでしょうか。

1110 (1)10 (2)10 (3)

しかし、この日、遊園地でうちの子が一番長時間、喜んで遊んでいたのはこちらのアウレチック「ヤッテミ~ナ」でした。

13 (1)13 (2)13 (3)13 (4)13 (5)13 (6)13 (7)13 (8)13 (9)13 (10)13 (11)13 (12)

本当になかなか楽しめるエリアでした。

午後からでもキッズエリアは、まだまだ遊べる!

再びキッズエリアに戻り、「ストロベリーカフェ(ティーカップ)」へ。

待ち時間なしで乗れました。

14

お次は、こちらの「アドベンチャーサファリ」。

こちらは待ち時間30分弱かかりました。しかし並ぶ価値ありです。

15 (1)15 (2)15 (3)

続いて、こちらの「ファンファンジャーニー」。ダンボの乗り物です。

16

こちらはお馴染みの「メリーゴーランド」。

待ち時間が15分くらいありました。

17

待ち時間がかなり長かったのは、運転前のチェックに時間がかかっていたためです。確かに、一人乗りのものも多いですしね。

お弁当や飲み物の持ち込みは?

結論から言いますと、お弁当の持ち込みは手作りのものにせよ、コンビニで買ってきたものにせよ、何でもOKです。

むしろ、行楽シーズンには飲食エリアがだだ混みになりやすいので、積極的に持ち込むべきと思います。

ただし、レジャーシートだけは持って行った方がいいです。ベンチが比較的少なく、席の取り合いになっているからです。

レジャーシートを敷いてお弁当を食べる場所としては、遊園地のど真ん中にあるアトラクション「トロールパニック パチャンガ」の周りにたくさんあります。

こちらが「トロールパニック パチャンガ」です。

18

また、レジャーシートを忘れたり、芝生に座りたくない場合は、「野外ステージ」の席で食べる方法もあります。

19

その他、探すと園内のあちこちに芝生エリアがあるので、食べる場所が全くない、ということはないでしょう。

フードコートの対応は問題あり!

今回、ひらかたパークへ出かけて大失敗だったのは、お昼の持ち込みをしなかったこと。

12時の時点で、フードコートはすでに満席で、長蛇の列になっていました。

園内にはリーズナブル価格の代表格マクドナルドもありますが、当然ながらそちらも長蛇の列。

仕方なく、キッズエリアに近い「ノームダイニング」というフードコートの中にある「パームウォークカフェ」という店でホットドッグとポテトとドリンクがセットになったもの900円を3つ買ったのです。

お昼代3000円は痛い出費ですが、こういうところの飲食費は高くつくものです。

ところが、下の子は、ケチャップがいっぱいついたホットドッグを一口かじっただけで、「もう、いらない」と言い出しました。

ちょっとだけかじって、その時は「いらない」と言っても、またしばらくしたら「おなかすいたー」と言い出すのは小さい子ではよくあることです。

そこで、「パームウォークカフェ」へ戻り、「子どもが一口だけかじって『もういらない』と言ったので、すみませんが袋1枚いただけますか」と店員さんにお願いしたのです。

すると店員さんは、
うちには袋はありません
と一言。

「どこに行けば袋がありますか?」
と再度たずねても、
とにかく、うちにはありません
と面倒くさそうな返答。

他のお客さんもお店に並んでおられたので、これ以上邪魔をしてはいけない、と立ち去ったものの、ホットドッグを手に持った状態で遊ぶことはできません。

ゴミ箱に捨てたら解決するのでしょうが、900円出して一口食べてゴミ箱行きってわけにもいきませんよね。

そこで、「ノームダイニング」におられた店員さんに事情を再度話し、
「小さいビニール袋でも何でもいいのでいただけますか?」
とたずねると、
ここには袋はありません
と面倒くさそうな対応。

「でも、ケチャップがいっぱいついたホットドッグを持ち歩いて遊べませんよね。何でもいいのでいただけませんか?」
とたずねると、
お客さんの条件はみんな同じ。他の人にもそういうものは渡していません
と。

「じゃあ、どうすればいいのですか?」
と再度たずねると、
面倒くさそうに、遊園地内のゴミ箱で使用している80リットル(?)の超巨大なゴミ袋を渡されました

ホットドッグやポテトを入れるものはそれしかないので、とりあえずその80リットルのゴミ袋に入れて持ち歩くことにしましたが、遊園地内でこんな大きなゴミ袋を持ち歩くはめになるとは思いもしませんでした。

こんな大きな袋を引っさげてアトラクションを楽しむわけにもいかないので、仕方なくインフォメーションセンターで相談することにしました。

すると、これをどうぞ、と小さなビニール袋を無料でいただけたので、ビニール袋を渡さないというのは、遊園地全体の方針ではなさそうです。

それにしても、3000円ほどもお金を取っておいて(いや、多分支払ったお金が多いか少ないかの問題ではないと思いますが)、ビニール袋1枚もくれないなんてあまりにもひどくありませんか?

遊園地内のサービスの悪さで、みじめな思いをしないために

遊園地内でこんなにみじめな思いをしたのは初めてでした。

皆さん、ひらかたパークへ出かけるときは、小さなビニール袋を必ず持参するようにしてください。

遊園地は特別な場所なので、街の中で通常行われるサービスを期待するのに無理があるのでしょう。

「料金は高くても、サービスが悪くて当たり前」と最初から思っておくと、ショックは少ないかもしれません。

子連れで行かれる方は、あらゆるサービスの悪さを想定して、綿密に準備をしてから出かけられるのがいいと思います。

まあ、遊園地内でも救いなのは、インフォメーションセンターの方が優しいということでしょうか。

近隣のスポット