箕面の滝へ行ってきた!駅から大滝まで3キロ弱の道のり

2018年11月27日に出かけてきました。


(基本情報)
名称:箕面大滝(みのおおおたき)
住所:箕面市箕面公園内
TEL:072-723-1885
24時間
無休
入場料:無料
駐車場:大日駐車場:1日1,000円
滞在時間の目安:100~120分
箕面公園のページ

アクセス


電車でのアクセスは?

箕面の滝へは電車で行く方法と、車で行く方法があります。

最初に電車でのアクセスについて説明します。

最寄り駅は「阪急箕面駅」。

梅田からの場合、阪急宝塚線で石橋駅まで行き、石橋駅からは阪急箕面線になります。

箕面駅の改札口は一つです。

箕面駅から箕面大滝までの行き方については、後で説明します。

車でのアクセスは?

箕面大滝に一番近い駐車場は「大日駐車場」です。

アクセス

料金は1日1,000円です。

観光バスなどもここを利用していますが、坂道がそれなりに急なので、ベビーカーや車椅子の方は、箕面駅側から進んだ方がいいです。

駐車場から大滝までの距離も1km弱あるので、それなりに距離もあります。

箕面駅から箕面大滝までのアクセス

ここからは、箕面駅から箕面大滝までのアクセスについて説明します。

ちなみに、箕面駅には「もみじの足湯」と呼ばれる足湯があります。タオル付きで150円です。

箕面駅を出て、大滝までは一本道(滝道)です。

入口だけ間違わないようにしてください。

道路を渡ってまっすぐ、高層の建物(大江戸温泉物語 箕面観光ホテル)の方へ進んでください。これ以降はほぼ一本道なので迷うことはないでしょう。

こちらが箕面観光ホテル。

箕面観光ホテル前、滝道沿いには無料で利用できる足湯もあります。

前述したように、ここから大滝まではほぼ一本道なのですが、距離はここから片道2.5キロくらいあります。

滝道は、箕面観光ホテルを過ぎてすぐの「一の橋」から歩行者専用道になります。

自転車利用者は、ここに駐輪場があるので、ここから徒歩になります。

途中で分岐しているところもありますが、「箕面大滝」の方向へ進みましょう。

紅葉も美しい散策路ですね。

滝道の途中には「昆虫館」があります。

箕面公園昆虫館へ行ってきた!無数の蝶を間近で見られる!

有料施設ですが、特に無数の蝶が飛び交う「放蝶園」は一見の価値ありです。

こちらは昆虫館の隣にある公衆トイレ。

多目的トイレには子供用の便座があります。

通常のトイレにも、洋式水洗と和式水洗の両方がありました。

風情が感じられる橋もありました。この先には展望台があるようです。

川はそれなりに流れがあり、深いところもあるので水遊びには適さない感じです。

こちらは、「修行の古場休憩所」。

訪れた時には、台風による被害で倒木があちこちにありました。

落差33メートルの箕面大滝は大迫力!

次第に大きな水音が聞こえてくるようになりました。

視界が開け、滝が見えてきました。

落差33mの立派な滝です。

滝のそばには休憩所があります。

滝の前にも休憩所があるので、お弁当持参で出かけることもできますね。

トイレ事情は?

滝周辺のトイレも見てきました。

滝から数十メートル離れたところに、このような建物の公衆トイレがありました。

こちらの多目的トイレにも子供用の便座がありました。

これだと子連れでも安心して出かけられますね。