長居公園へ行ってきた!3つのこども広場などを解説!

2018年11月6日に出かけてきました。


(基本情報)
名称:長居公園(ながいこうえん)
住所:大阪市東住吉区長居公園
TEL:06-6691-7200
24時間
無休
入園料:無料
駐車場:平日 … 300円、土日祝・特定日A … 2,000円、特定日B … 4,000円

所要時間の目安:120~360分
長居公園公式HP

アクセス


長居公園へのアクセスは?

長居公園へ電車で行く場合、地下鉄「長居」駅で3番出口から地上に出ます。

3番出口を出ると、目の前に長居公園があります。

長居公園「南こども広場」

長居公園は、東西だけでも1キロ以上に及ぶ広大な敷地です。

長居駅から最も近い子どもの遊び場が「南こども広場」です。

長居公園内には3つの遊戯広場がありますが、その中で最も子連れファミリーに人気があるのは「南こども広場」です。

行き方は下のマップを参考にしてください。

エントランスの正面にあるのが「自由広場」です。運動場みたいな感じですね。

「南こども広場」へ行くには、「自然史博物館」「長居植物園」の方向へ進みます。

広い並木道になっており、ジョギングなどをしている人も多くいます。

数百メートル進むと、右手に「南こども広場」が見えてきます。

お椀形の遊具は子どもたちに特に人気です。

大型遊具も点在しています。

幼児向けの遊具もあります。

砂場も柵があるので安心ですね。

低年齢の子ども向けのブランコもありました。

お弁当を食べる場所は?

「南こども広場」から道をはさんだ向かいには、芝生の原っぱが広がっており、長居公園内でもここが絶好のお弁当スポットになっています。

レジャーシートを忘れずに持参してくださいね。


トイレ事情は?

長居公園内には、あちこちに公衆トイレがあります。

こちらは「南こども広場」横のトイレ。

トイレは全体的に古く、通常のトイレは和式水洗です。

洋式の多目的トイレもあるので安心ですが、清潔感に関しては△です。

駐車場は?

長居公園内にはあちこちに駐車場もあります。

こちらは「南こども広場」横の「南駐車場」。

平日は最大料金300円ですが、土日祝や特定日には最大料金が2,000円から4,000円とかなり高額になります。

「南こども広場」の前には駐輪場もあります。

「南東こども広場」

「南こども広場」からさらに数百メートル進むと、「南東こども広場」が現れます。

幼児向けのすべり台はありますが、ここの広場の大半は健康器具です。

「南東こども広場」の隣の公衆トイレ。

こちらにも多目的トイレがあります。

「北東こども広場」

「南東こども広場」からさらに数百メートル進むと「北東こども広場」が現れます。

この辺りがちょうど、長居駅から最も遠い位置にあります。

「北東こども広場」にはこんな遊具が。

ここでもいろいろ遊べそうですね。

長居プール

植物園をぐるりと回る形で折り返します。

こちらは長居プール。

屋内プールは通年、屋外プールは夏季限定です。

中はよく見えませんでしたが、ウォータースライダーなどがありました。

長居プール公式HP

バーベキューエリア

長居プールの近くにはバーベキューエリアがありました。

てぶらでバーベキューが楽しめるのはいいですね。