USJのピクニックエリアの場所はどこ? 飲み物や食事代を安くする方法

食事代を安くするためピクニックエリアを活用!

USJ内で食事をすると、かなり高くつきます。

我が家のように家族5人で2日間USJへ滞在するとなると、大変な金額の食事代になってしまいます。

そこで、初日は早めのお昼ご飯を済ませてから入園することにしました。

USJの年間パスを持っている人は再入場可能ですが、年間パスを持っていない人は再入場ができません。

園外にはピクニックエリアがあり、「お弁当やお飲み物の持ち込みが可能な、無料開放の休憩施設」となっています。

位置がよく分からないので、Google Earthを使って調べてみました。

USJのエントランス前にこのような地球儀があります。



地球儀から駐車場側(JRユニバーサル駅とは反対方向)へ100mほど進むとピクニックエリアに出ます。まず見落とすことはありません。



土曜日の朝11時に誰もいないほどなので、ここが満席になることは考えにくいです。このような席がたくさんあります。



USJ内のレストランで食べれば5人で1万円近くかかるところ、ここなら500円くらいで済ませられます。

再入場でピクニックエリアを利用することは不可なので要注意!

繰り返しになりますが、年間パスを持っていない人は再入場ができません。

そのため、エントランスの外側にあるピクニックエリアに関しては、入場前か入場後にしか利用ができません。

気をつけてください。

ソイジョイなどのシリアルバーを大量持ち込み!

1dayパスであれば、一刻も早くパーク内に入りたいでしょう。

そんな時にオススメなのは、ソイジョイなどのシリアルバーです。



パーク内は飲食物持ち込み禁止です。

おにぎりやパンを持ち込んで食べるとかなり目立ちます。

しかし、ソイジョイなどのシリアルバーでは目立つことがありません。

ほとんど荷物になることもなく、お金の節約にも時間の節約にもなります。

長蛇の列の中にあってもスマートに食べることができます。シリアルバーは、マツキヨなどで格安で買うことができます。

何日も前から買っておいても大丈夫な保存食なので、USJへ出かける前に着々と準備を進めておきましょう。

あなどれないのが飲み物代!

あなどれないのが飲み物代です。

USJ内の自販機ではコカコーラなどのペットボトル1本が250円です。



しかし、ペットボトルや水筒を持ち込んでも何も言われませんでした。

と言うか、持ち物検査などは一切ないので、カバンに入れて持ち込んでも全く分かりません。

ホテルは朝食バイキングのところを選ぶ!

食事代を節約するために、我が家では1日目はピクニックエリアで早めの昼食をとってからパーク内に入る。2日目は夕方にパークを出て園外で食事するという方法をとりました。

さらに、ホテルを「東横INN大阪JR野田駅前」にしました。

東横インだと無料で朝食バイキング(おにぎり、パン、サラダ、玉子、飲み物など)がついてきます。



しかも、小学生の添い寝料金は無料(朝食も無料)なので、ファミリーにはコスパが高いです。

JR野田駅からユニバーサルシティ駅までは3駅、160円です。

カッパやポンチョを忘れずに!

忘れがちなのが、カッパ(レインコート)やポンチョ。

園内で購入すると相当な金額になるので、100均などであらかじめ用意しておきましょう。

半袖ならポンチョ、長袖ならレインコートを購入するといいでしょう。私はダイソーで買いました。



少しでも節約し、かけるべきところにはお金をかけて楽しみたいものです。