MPV・セレナ・フリード: 3列シートミニバンを比較!

現在、私が乗っているのはマツダMPV。

車体サイズは、縦486.0 x 幅185.0 x 高さ168.5cm。排気量は2260cc

走行距離が13万キロを超えたため、車検前に乗り換えることにしました。

MPVで気に入っているのは、2列目シートと3列目シートを倒し、フラフラットにできること。

でも、燃費が悪いんですよね。

仕様では11.0km/リットル。市街地では、仕様の7掛けと言われているため、約8km/リットル。

80km走って10リットル。ガソリン代の高騰に耐えられる車ではありません。

そこで中古車販売店で、3列シートの別の車を探すことにしました。

候補となったのは、ホンダのフリードと、日産のセレナです。


目次

ホンダフリードの燃費と試乗体験

フリードには様々なタイプのものがありますが、今回検討したのは3列シート・6人乗りのもの。

排気量は約1,500cc。JC08モードでの燃費は21.6km/リットル

車体サイズは、縦421.5 x 幅169.5 x 高さ171.5cm

ガソリン代が高騰した今、これくらいのスペックがちょうど良さそうです。

が、実際に試乗してみると室内がかなり狭い。

後部座席は、とても足を伸ばせるような感じではなく、3列目背面には、荷物を置くスペースがほぼゼロ。

これは、かなりきつそうです。

日産セレナの燃費と試乗体験

日産セレナは、手頃な価格で入手できるミニバンです。

3列シート8人乗りのハイウェイスターVセレクションの車体サイズは、縦477.0 x 幅173.5 x 高さ186.5cm

高さはあるものの、現在のMPVよりも縦の長さも、幅も一回り小さいサイズです。

排気量は1,997cc

JC08モードで14.6km/リットル

MPVよりも燃費が2割以上良くなります。

現在の月あたりのガソリン代20,000円は、16,000円くらいになり、約4,000円節約できる計算です。

これはかなり大きいですね。

実際の試乗体験もしましたが、室内は広々としていて、シートのクッションも快適です。

3列目シートしか倒せないため、現在のMPVのように縦方向に長さのある荷物は運べません。

また、現在のMPVでは、2列目と3列目を倒すことでフルフラット空間を作り、布団を敷くことができました。

それができないのは残念です。

しかし、2列目と3列目のシートを寝かすと、車内にほぼフラットな空間を作り、体を伸ばして寝ることはできそうです(この方法であれば、布団を敷くこともできそうです)。

よかったらシェアしてね!
目次