Anker PowerCore Slim 5000をレビュー|一日フルで使った感想は?

メーカー:アンカー(ANKER)
バッテリー容量:5,000mAh
重量:約118g
サイズ:126 x 64 x 10mm
出力ポート:USB-A x 1 (2A)
入力ポート:Micro USB (2A)
附属品:Micro USBケーブル、トラベルポーチ
目次

5,000mAhながら超軽量!

「Anker PowerCore Slim 5000」の特徴の一つは、軽量であること。

軽量をウリにしている「Anker PowerCore 5000」は134gですが、「Anker PowerCore Slim 5000」はそれよりもさらに軽く、わずか118gです。

この軽さで5,000mAhは、凄いとしか言いようがありません。

スマホやiPhoneと重ねて持ち運べる!

もう一つの大きな特徴は、超薄型であること。

Anker PowerCore Slim 5000

それゆえ、スマホやiPhoneにピタッと重ね合わせることができ、持ち歩くのに非常に便利です。

Anker PowerCore Slim 5000

表面もラバー状になっており、スマホやiPhoneがすべり落ちるのを防いでくれます。

Anker PowerCore Slim 5000

大きさもスマホやiPhoneを置くのにピッタリのサイズ。

Anker PowerCore Slim 5000

入出力のパワーもバッチリです。

アンカー独自技術であるPowerIQとVoltageBoostが搭載され、出力は2.0A。

急速充電に適しています。

入力も2.0Aとなっており、モバイルバッテリー本体への充電も短時間で行えます。

移動時に力を発揮するモバイルバッテリー

実際に一日使ってみて感じたことは、想像していた以上に、役立つ場面が多いこと。

私はブログ取材のために移動が非常に多いのですが、移動時を有効に活用できるのはかなりの好ポイント。

例えば、電車の中で立ちっぱなしになっている時も、iPhoneとモバイルバッテリーの両方を片手で持てるのはかなり便利です。

移動中でもSNSを楽しみたい人にとって、この上なく使い勝手の良いアイテムです。

さらに便利だと思ったのはGPS機能を使って目的地へ向かう時。

ナビ機能を使うとiPhoneのバッテリー消耗はかなりひどいですが、モバイルバッテリーと重ねて持ち運べるのため、バッテリーの減りを気にする必要が全くありません。

この便利さに慣れると、他のモバイルバッテリーを使いにくくなりそうです。

Anker PowerCore Slim 5000

附属でトラベルポーチと、Micro USBケーブルがついてきます。

これもまた、持ち運びに便利ですね。

目次
閉じる