自動車のエンジン警告灯(チェックランプ)が点灯した!|原因は? 修理費用は?

高速道路を走っていたら突然チェックランプが点灯

高速道路を走っていると突然チェックランプが点灯しました。

エンジン警告灯が点灯したのは初めてのことなので、10分程やや低速で走った後、パーキングに入りました。


赤色の警告灯は「赤信号」同様、即座に対応が必要なランプ。

黄色の警告灯は緊急性はないけれども、でいるだけ速やかに対処が必要なランプです。

エンジン警告灯の場合はどうかと言うと、様々な要因が考えられるため、一概にこれとは言いにくいようです。

しばらくパーキングで休み、再びエンジンをかけるとチェックランプが消えました。まぁいいか、とそのまま放置していましたが、その後もチェックランプが点灯することが頻発したので、カーディーラーで見てもらうことにしました。

なお、このエンジンチェックランプが点灯する時は、大抵、車がガクンガクンとなります。それなりの振動もあるんでドキッとします。また、いつもではありませんが「HOLDランプ」が点灯することもありました。

パルスジェネレーターとは? その役割は?

見積依頼をしてみると、どうやらパルスジェネレーターというものを取り替える必要があるようです。

パルスとは「極めて短い時間だけ流れる電流や電波」のことで、「パルスジェネレータ(Pulse Generator。略称PG)」とは「パルス」を発生させる機器のことです。

このパルスジェネレーターによってモーターの回転状態を検出し、エンジンの点火タイミングを調整しているようです。

つまり、パルスジェネレーターに不具合が生じると、その結果、エンジンの点火が不安定になり、エンジンチェックランプが点灯するということですね。

修理代はいくら?

気になるのは修理代金です。

当然ながら、パルス・ジェネレータ取替になるのですが、部品代は2,700円でした。

しかし、そこに技術料が加わり、総額ではこのような金額に。

安いのか高いのか、それすら見当がつきません。

が、ネットで見る限り、ある程度の知識がないと自力で交換は難しそうです。自信がない人は、素直にカーディーラーなどで修理してもらう方が良さそうです。

ウェルの雑記ブログ
自動車に関する手続きまとめ | ウェルの雑記ブログ
自動車に関する手続きまとめ | ウェルの雑記ブログ自動車の手続きに関することをまとめています。自動車運転免許証の更新手続き一般的には、更新期間は5年に一度です。自動車免許更新手続きについては、別記事でまとめてい...

この記事を書いた人

目次
閉じる