MENU

車庫証明をとるにはどうすれば?|必要書類は? 何日かかる?

URLをコピーする
URLをコピーしました!

自動車の乗り換えに伴い、車庫証明を取り直す必要性に迫られました。

自己所有の土地での駐車だと伝えると、自動車販売店から渡されたのは、
・自動車保管場所証明申請書
・保管場所使用権原疎明書面(自認書)
・保管場所の所在地・配置図」
の3つの書類でした。

自己所有の土地の駐車場でない場合は「保管場所使用承諾証明書」を駐車場の管理人に記入してもらう必要があるようです。

自己所有の土地の駐車場の方が簡単ですね。

と思っていたのですが、土地が共同名義の場合はちょっと厄介でした。

あわせて読みたい
自動車の保管場所使用承諾証明書|土地が共同名義の場合の扱いは? 「使用期間」は? 自動車を買い替える際、必要になるのが「保管場所使用承諾証明書」。 土地がすべて自分のものであれば簡単なのですが、土地が共同名義になっている場合はどうなるのでし...

書類を揃えると、あとは「保管場所の所在地・配置図」を描き、警察署へそれら書類を提出するだけ。

が、警察署では手数料として2,730円が徴収されました。

なお、申請から約1週間後、証明書を受け取りに警察署へ来てください、とのことでした。

関西の駅ガイド
自動車に関する手続きまとめ | 関西の駅ガイド 自動車の手続きに関することをまとめています。 自動車運転免許証の更新手続き 一般的には、更新期間は5年に一度です。 自動車免許更新手続きについては、別記事でまとめて...

[adinserter block=”1″]

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる