アサヒのアウトランクを買った! ミニベロ折りたたみ自転車はこれで決まり!

この記事は2018年7月に書きました。


ミニベロ(小径車)とは?

ミニベロは小径車(しょうけいしゃ)とも呼ばれ、一般的に20インチ以下のタイヤ径の自転車のことを言います。これには折りたたみ式のものも含まれます。その場合、折りたたみ式ミニベロと呼ばれます。

こちらはコーナンで見かけたミニベロです。価格は14,800円。

イオンや近所の量販店でも見てみましたが、1万円前半の安いミニベロはどこにでもあります。

ただし、車に積むのに便利なミニベロとなると、なかなか思うものが見当たりません。

折りたたみ式ミニベロのデメリット

車に積むのであれば「折りたたみ式」が便利なのではないか、と思われる方もいるかもしれません。

私も以前は折りたたみ式自転車を購入しましたが、結局、ほとんど使うことなく処分してしまいました。

折りたたみ式自転車は、その名のとおり、使う度に組み立てたり、折りたたんだりする必要があります。これが結構、面倒なのです。

また、安い折りたたみ式自転車は素材が重く、車からの積み下ろしがこれまた面倒です。

また、折りたたみ式自転車はそのイメージとは裏腹に、意外とかさばります。折りたたんだ際、縦幅は半分になりますが、横幅が2倍になるからです。

アサヒのミニベロ「アウトランク」は車載に最適!

そこで私が重視したのは次の4点。

・重量が10kg以下であること
・車への積み下ろしが楽にできること
・軽くて丈夫な素材でできていること
・値段が手頃であること

この視点で見ると、使い勝手が良さそうなミニベロはほとんど見当たりません。

近所の量販店、イオン、コーナンを巡りましたが、どれもサイズが大きすぎますし、重量もあります。

しかし、私が探し求めていたミニベロがアサヒにありました。

横幅を測ると120cm未満。重量は驚きの8.5kg。アルミフレームで軽いのなんの。



これがなんと税込29,980円! このスペックのミニベロとしては間違いなく格安! 早速、買いました!

このミニベロはサドルやハンドルを折りたたむこともできるのですが、実際にトランクに積み込むと、わざわざ折りたたまなくてもそのままスッポリ積み込めました。

もし入り切らなくても、サドルやハンドルは取り外し可能なので、軽自動車でも積み込み可能でしょう。

持ち運びがとても楽!

車体が軽い上に持ち手がついてるため、持ち運びがすごく楽です。

例えば、家の中へ運び入れたり、自転車を持って階段を上り下りすることも苦になりません。

こんな風に原っぱへそのまま持っていくことも。

お出かけの際には、目的地の近くにある無料駐車場に車を停めて、そこからこの自転車で移動ということも可能です。

おかげで、行動範囲がぐっと広がりました。

ただ、気になるのは盗難対策。アウトランクは車体が低いので、鍵はワイヤー長めのものが必要です。

自転車用の鍵「ダブループロック」をあさひで買った!

 

おすすめはネット注文、店舗受取り!

ただ問題点は、この「アウトランク」はかなりの人気商品で、先日私が店舗を訪れた時には展示すらされていませんでした。

そこで便利なのが、ネット注文→店舗受取!



この方法だと自分が好きなカラーも選べますね。

ちなみに、「折りたたみ自転車」→「折りたたみ」のカテゴリーで、メーカーを「あさひ」にすると簡単に見つけられます。

「ご注文手続きへ進む」をクリックし、「お店で受取り」にすれば、送料無料で確実に手に入れられます。

しかも実店舗だと、防犯登録などもお店で簡単に行なえますね。

車のトランクに丸ごと積めるアウトランクが便利すぎる!