自転車が安いのは? 大手9店を比較 記事を読む

家の中に自転車の置き場所? ステディラックなら賃貸マンションでもOK

URLをコピーする
URLをコピーしました!
新しく自転車を買ったんだけど、置き場所に困っていて
スペースがないってこと?
今2台あるんだけど、もう1台置くスペースがないんだよね
2台分のスペースで3台置ける便利アイテムがあるよ。それを使えば、家の中に自転車を収納することもできるし。

ちょっとしたお出かけの際に、自転車は欠かせないものです。

  1. 新しく子ども用自転車を買いたい
  2. ロードバイクを買いたい
  3. マウンテンバイクを買いたい
  4. 近隣で盗難が多く、安全のため自転車を室内に置きたい
  5. 賃貸アパートに駐輪所がない

などと思っても、問題となるのは自転車の置き場所です。

ところが、そんな悩みを簡単に解決してくれるアイテムがあります。

それが、収納性に優れた自転車保管ラック「ステディラック」です。

「ステディラック」なら、簡単設置、自転車収納も楽々、壁に穴を開けなくても大丈夫です。

一般的なマンションやカフェ、スーパーなどの他、Facebook、Giant Bikes、Apple、Googleなど世界的に有名な企業でも採用されている製品のため信頼性も抜群です。

目次

屋内でもスペースを取らない!

「ステディラック」の魅力は、とにかく省スペースなこと。

床置き型の自転車ラックの場合、広いスペースが必要になります。

自宅内にそれだけのスペースを確保することは、なかなか難しいのではないでしょうか?

「ステディラック」は壁に取り付けるタイプだから、自転車をそのまま立てかけるだけ。

しかも、「ステディラック」の軸は左右に180度回転できるため、取り付けた自転車を横に倒し、壁にぴったりくっつけることができるのです。

そのため、数台の自転車を狭い間隔で並べても大丈夫です。

「ステディラック」の軸は180度回転するため、取り出したい自転車の左右の自転車を少し横へ倒すだけで、楽々取り出すことができます。

さらに、ラックを使わない時は、簡単に折りたたむことができるため、通行の妨げにもならない優れもの!

ユーザーの使い勝手を徹底的に追求したアイテムなのです。

※どうしても壁に穴を開けたくないという場合には、「強力ラブリコ」という補助具もあります。これを使えば、突っ張り棒のようにした角材に自転車を取り付けることができます。

ロードバイク、マウンテンバイク、ママチャリなど様々なタイプの自転車に対応

「ステディラック」は、ロードバイク、クロスバイク、ママチャリなど、幅広いタイプの自転車に対応しています。

「ステディラック」には、以下の4つのタイプのラックがあります。

  • クラシックラック……タイヤ幅2.4インチ(6cm)までの自転車用
  • MTBラック……タイヤ幅2.2~2.8インチ(5.6~7.1cm)の自転車用
  • フェンダーラック……タイヤ幅2.4インチ(6cm)までで、泥除けがついているママチャリなどの自転車用
  • FATラック……タイヤ幅2.8~5.0インチ(7.1~12.7cm)の自転車用

例えば、市販のほとんどのロードバイクやクロスバイクは700Cです。700Cのクロスバイク、ロードバイクは「クラシックラック」で取り付けが可能です。

泥除けがついているママチャリについては、20~29インチのものが「フェンダーラック」に取り付け可能です。

ご自身の自転車に合わせて、ラックのタイプを選んでください。

ステディラックの取り付け方法は?

最初に、必要となる工具を揃えます。

  • メジャー
  • 鉛筆
  • 電動ドライバー
  • 穴あけ用の電動ドリル
  • ソケットドライバー

日曜大工店へ行くと、ドリルとソケットも付属された電動ドライバー(数千円~)があります。

ごく一般的な工具なので、すでにお持ちの人も多いはず。

ドリルとソケットも付属された電動ドライバーは日曜大工に役立つので、これを機に購入されてもいいかも。

続いて、内容物を確認します。

以下の部品が「ステディラック」に入っています。

  • 本体ラック
  • 後輪ブラケット
  • 木工ボード用・石膏ボード用の固定具(本体ラック用・後輪ブラケット用)
  • 取り付け説明書

内容物も、シンプルですね。

取り付けに関しては、以下の手順で行います。

STEP
本体ラックの上下キャップを取り外し、広げる

最初に、本体ラックの上下キャップを取り外し、広げます。

この際、ラック上部に「TOP」と書かれているので確認しておきます。

STEP
自転車の後輪を壁につけた状態で床に置き、前輪が本体ラック上にぴったり乗るよう合わせる

自転車の後輪を壁につけた状態で床に置き、前輪が本体ラック上にぴったり乗るよう合わせます。

「TOP」と書かれた側が上部になっていることを確認してください。

STEP
「TOP」と書かれた穴に鉛筆で印をつけ、壁からの距離をはかる

「TOP」と書かれた穴に鉛筆で印をつけます。

その印と壁との距離をはかります。

これが、後ほど自転車を壁に立て掛けた時の高さと同じ長さになります。

STEP
③に、10kg以下の重さの自転車には5cm、10kg以上の重さの自転車には7.5cmを追加した長さを求める

③の長さのままだと、自転車を立て掛けた時、後輪が床についてしまいます。

そこで③の長さに、重量10kg未満の自転車なら5cm、10kg以上の自転車なら7.5cmを追加した長さを求めます。

この長さが、本体ラックの取り付け位置になります。

これにより、床から5~7.5cm浮いた位置に自転車を取り付けることができ、自転車の乗せ降ろしを楽に行えます。

STEP
固定具を取り付ける壁の位置に鉛筆で印をつけ、本体ラックを取り付ける

固定具を取り付ける壁の位置に鉛筆で印をつけ、本体ラックを取り付けます。

最初に電動ドリルで穴を開け、続いて、ソケットドライバーでボルトを固定します。

この際、本体ラックが真っすぐになるよう気をつけましょう。

STEP
後輪のちょうど中央部に後輪ブラケットがくるよう位置を調整し、壁に印をつける

最後に、後輪ブラケットの取り付けです。

自転車を本体ラックに取り付け、後輪のちょうど中央部に後輪ブラケットがくるよう位置を調整します。

壁に後輪ブラケットの取り付け位置の印をつけます。

STEP
一旦、自転車を外した後、後輪ブラケットを取り付ける

一旦、自転車を本体ラックから外します。

電動ドリルで穴を開けた後、電動ドライバーで後輪ブラケットを固定します。

以上で、取り付け完了です。

ステディラックの評判は?

実際に使用した人の声を拾ってみます。

「ステディラック」の評価は、2021年5月現在で4.8

ほとんどの人が高評価をしています。

「ステディラック」を使った人の声を具体的に拾ってみます。

「自宅のアパートに最適です!」

「ガレージで場所を取っていた自転車を整理できました。おすすめです。」

「車にぶつかったりすることなく、ガレージのスペースを最大限活用できました

「これは本当に楽だし、壁を汚しません。いい商品です!」

「壁側に倒すことにより空間のスペースも節約できるという点で優れています

「設置は非常に簡単で、自転車の出し入れがとても簡単で、感動しました。 」

などと、高評価の声が多く寄せられています。

自宅のアパートに設置する際は、壁の向こうに柱があるところを選ぶようにします。コンコンと壁を叩いていくと、「ゴンッ」と明らかに違う音が鳴る場所があります。それが柱です。

壁が石膏ボードでできている場合でも、石膏ボード用の固定具が付属でついていますので安心です。

廊下やガレージ横など狭い場所にも設置でき、設置が簡単に行えるのも便利ですね。

まとめ

レビューの中には「値段を見て購入を迷いました」という声もありました。

しかし、天井へぶら下げるタイプ、床置きのタイプ、ラックが動かず固定式のものなどは、広いスペースを取るにも関わらず使い勝手も良くありません。

「ステディラック」は狭い場所でも設置ができ、自転車の乗せ降ろしも楽に行なえます。

公共施設や有名企業でも導入が進んでいるため、耐久性についても信頼できる製品です。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる