自転車屋で安いのは? 大手9店を比較! 記事を読む

Tシャツが一番安いお店は? 大手7店で価格を調べた! 2019年

Tシャツの通常価格が知りたくて、メジャーなお店7つを一気に回ってきました。

値段の安い順に紹介します。(2019年5月21日調べ)

目次

GU(330円+税)

値段の安さと品揃えで言えば、Tシャツに関してはGUが群を抜いていました。

極めてシンプルなTシャツになると、3枚入で990円。1枚あたりの単価は330円になります。

ワイシャツの下に着るようなTシャツであればこれで十分です。

ワンランク上のTシャツは590円。

さらに、こんなかわいいTシャツも790円です。

ボーダーシャツも790円。

厚手Tシャツに関しては990円でした。

しまむら(362円+税)

しまむらの最安値Tシャツは2枚入で780円(税込)。

Tシャツというよりも下着という感じで、これを単体でコーデに使うのは難しいかもしれません。

こちらは2枚入で980円。

しまむらでありながら、割安感があまりないような気はします。

唯一、子供用のシャツは安かったです。

こちらは3枚入で580円。

イオン(440円+税)

2枚入で880円なので1枚あたりは440円。

イオンのTシャツは素材がそこそこ良く、440円という低価格でありながらTシャツ単体でもコーデに使えます。

プリントTシャツなども充実しています。

厚めの生地でありながら880円は安いですね。

無印良品(459円+税)

下着っぽいTシャツであれば、無印良品も健闘しています。

2枚入990円なので1枚あたり495円。

無印のものは値段が高いというイメージがありますが、この価格であれば節約志向の人にも受け入れやすいのではないでしょうか。

コーデにも使えるようなワンランク上のTシャツは値段がグッと上がります。

シンプルなデザインが好きで、素材にもこだわる人にはいいかもしれません。

西友(470円+税)

西友のTシャツは1枚470円でした。

コーデにも使えるTシャツですし、これはこれでいいかもしれません。

H&M(555円+税)

値段が安いに越したことはないけれど、オシャレも楽しみたいという人にはH&Mがおすすめです。

Tシャツは599円のラインナップのものが多いです。しかも税込で599円です。

経済性とオシャレ重視であればH&Mはいいですね。

ただし厚手のTシャツになると値段がグッと上がり、割安感はありません。

チャンピオン(854円)

ネット通販でも安い店を見つけました。

並行輸入品を扱っているZ-CRAFT(ゼットクラフト)というお店です。運営会社は老舗の株式会社ロイヤル(本社:名古屋市)です。

チャンピオンのシャツなので、品質は問題なさそうです。破格値なので実際に購入してみました。

しっかりした厚手の生地で、ジーンズとこのTシャツだけでもかっこよくなります。

腕には、チャンピオンのロゴがしっかり刺繍されていました。

襟首のところには、Made in HAITI(ハイチ)と書かれていました。ハイチ製は珍しいですね。

厚手のシャツは汗にも強いので重宝します。

ユニクロ(1,000円+税)

今回調べた中で最も価格が高かったのはユニクロです。

Tシャツはシンプルなものでも1,000円(税別)でした。

プリントTシャツに関しては1,500円。

大幅値引きのセールでもない限り、ユニクロで買うのは難しいかもしれません。

合わせて読みたい記事

節約に役立つまとめ記事を別ページでまとめています。

あわせて読みたい
節約に役立つまとめ記事をまとめました
節約に役立つまとめ記事をまとめました必要に迫られて購入しなければならない。だけど、少しでも安く買いたい。そんな節約に役立つまとめ記事をまとめました。Tシャツが安い店は?メンズ下着が安い店は?ズボ...
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる