イラレでかわいい縁取り(飾り枠)を作る方法は?

既存の素材を利用する方法もありますが、自分のイメージに合った縁取りを作るのにはオリジナル制作が一番です。

ここでは、紙面の端に、上記のようなかわいい縁取りをつける方法について説明します。

最初に、120mm x 40mmのアートボードを新規作成し、幅5mm x 高さ40mmの長方形を作り、適当な色で塗りをします。

同様に7つの長方形を作り、それぞれ適当なカラーの塗りにします。

8つの長方形を整列させた後、コピペをします。

この背景の上に、丸、三角、正方形、長方形、星などの図形を任意のカラーの塗りや線、透明度に変化をつけ、適当に配置します。

すべての図形を選択し、「ラスタライズ」します。

ここではA3のアートボードを新規作成します。

上記で制作したオブジェクトをコピペします。

オブジェクトを選択した状態で、「パターン設定」をすると、スウォッチの中にそのパターンが登録されます。

アートボードより一回り大きいサイズの長方形(ここでは600mm x 400mm)を作ります。

その長方形を選択した状態で、登録しておいたパターンをスウォッチから選び適用します。

図形を斜めに傾けます。

A3サイズより小さめのサイズ(ここでは410mm x 287mm)の長方形を作成し、中央に配置します。

これでかわいい縁取りの完成です。

左上を拡大してみると、このようになっています。

こちらは左下を拡大したところです。

場所によって違った柄が現れるので、ユニークな縁取りになります。


関連記事

このページでは、イラレ(イラストレーター)を使う上で知っておくと便利な基本操作をまとめています。 [sitecard subtitle=関連記事 url=https://123a.jp/archives/12106] [site[…]