小規模法人向け会計ソフト6選、料金が安い順ランキング!

個人向けの会計ソフトはいろいろありますが、法人向けのものは意外と高額。

私は自営の法人なので、なるべくリーズナブルな価格のソフトを探し、安いもの順ランキングにしてみました。

1位*会計らくだ(12,000円)

公式ページ

年額12,000円+税

年額12,000円+税となっていますが、アマゾンなどでさらに安く買うことができます。

私がアマゾンで買った時は9,247円でした。

記帳専門の会計ソフトなため、決算書の作成などは税理士へ依頼する前提のソフトです。

インストールに手こずりましたので、別記事にまとめてみました。

会計らくだ9を買った! インストールできないトラブルの解決法は?

使ってみての感想は?

「弥生会計」と「会計らくだ」を比べると、「会計らくだ」の方が作業効率が1~2割ほど落ちます。

特に、「更新」ボタンをいちいち押さないと残高表示がされない点は不便です。

また、決算書作成機能がついていません。

会計らくだ9を使ってみた! 操作方法は? 決算書作成は?

残高試算表(賃借対照表、損益計算書)作成機能はついているので、決算書を自分で作成するとしてもエクセルやワードで打ち直しする程度なのですが、面倒と言えば面倒です。

つまり、高くても使い勝手を取るか、使い勝手が多少悪くても安い方を選ぶかという選択肢になります。

私の場合、伝票がほとんどないので、「会計らくだ」で十分という結論に至りました。

2位*マネーフォワードクラウド会計(21,780円)

公式ページ

年額21,780円+税

3位*Freee(23,760円)

公式ページ

23,760円+税

4位*弥生会計(26,000円)

公式ページ

年間26,000円+税

操作方法が分かりやすく、決算書作成まで行えます。

経理処理を複数人で分担して入力することはできないため、小規模事業所向きです。

5位*MJS(30,000円)

公式ページ

30,000円+税

6位*会計王(40,000円)

公式ページ

40,000円+税

別表などの作成は?

別表などの作成には、エクセルの表で十分だと思います。

net税理士さんにお願いすれば、年額3,000円で済みます。


その他、仕事関係まとめ