夏用の国産マスクを買った! 3社の商品を比較 記事を読む

「LINE」と「BAND」アプリの違いは何?

LINEでも個別トークはできるし、グループチャットもできます。

だから「BAND」アプリなんて必要ない、と考える人は多いと思います。

そこで、「LINE」と「BAND」アプリの違いを簡単にまとめてみました。

目次

「BAND」アプリは、誰でも自由に参加できるグループチャット

例えば、あなたが何かの趣味サークルを作りたいとしましょう。

その趣味サークルを作るにはメンバーが最低10人は必要だとしましょう。

友だちに声をかけて何人か集まったけれども、まだまだ数が足りない。

そんな時はどうしますか?

それを解決してくれる一手段が「BAND」アプリです。

「BAND」アプリは、オープンなコミュニティです。

そのため、「◯◯趣味の会」というグループを新たに作れば、それに興味を示す人たちが次々と集まってきます。

「BAND」アプリとLINEグループの違いは?

LINEグループはクローズなおしゃべりの場です。

新しいメンバーを加えたい場合は、その人をグループへ招待する必要があります。

また、招待するためには、その人とLINE友だちになっている必要があります。

そのため、全く関係ない第三者が、グループへ突然入ってくることはありません。

一方、「BAND」アプリはオープンなコミュニティです。

誰もがその「BAND」グループ(◯◯趣味の会など)の存在を知ることができ、そのコミュニティへ簡単に参加することができます。

そのため、「BAND」アプリは、グループメンバーを広く集めるのにとても便利です。

「BAND」アプリでは「LINE」のようなID交換が不要!

LINEの場合、誰かとコミュニケーションをとり始めるためには、最初にID交換が必要になります。

QRコードを読み取ったり、ふるふるを利用しておられることと思います。

「BAND」アプリでは、そのようなID交換が一切不要です。

個人と個人が友だちになるということをベースにしているLINEに対して、どこかのグループに所属するというところからスタートする「BAND」では、目的が大きく違うのです。

そして、一度グループに入ると、グループメンバーと自由に1対1のコミュニケーションが取れるようにもなります。

個別トークの方法はLINEとほぼ同じなので、LINE同様、どこでも誰とでも簡単にメッセージのやりとりが行えます。

そのため、「BAND」ではID交換が一切不要なのです。

合わせて読みたい記事

「BAND」アプリの基本的な使い方については、別記事でまとめています。

あわせて読みたい
BANDアプリの使い方、覚えておきたい7つのこと!
BANDアプリの使い方、覚えておきたい7つのこと!SNSツールの正式名称は「BAND」ですが、Music Bandとの混同を避けるため、ここでは「BAND」アプリという呼び方にしています。なお「BAND」アプリは、スマホでもパソコン...
目次
閉じる