Amazonタイムセール終了間近! セールを見る

日本各地の電気代を比較! 家電の消費電力から電気代を計算する方法は?

家電のパッケージなどに、「電気代1時間あたり○○円」といった説明が書かれているものをよく見かけます。

しかし実際のところ、電力会社はエリアごとに分かれていて、料金体系も別々です。

そのため、同じ家電を使っていてもエリアによって電気代が異なります。

我が家は4人家族ですが、電気使用量は毎月200~270kWh程度。

そこで、この使用量での1kWhあたりの電気代を比較してみました。

合わせて、500Wの家電を1時間使用した際の電気代も載せました。

電力会社
料金プラン
1kWh料金500Wの家電
電気代(h)
北海道電力
従量電灯B
30.26円15.13円
東北電力
従量電灯B
25.33円12.67円
東京電力
従量電灯B
26.48円13.24円
北陸電力
従量電灯
21.73円10.87円
中部電力
従量電灯B
25.51円12.76円
関西電力
従量電灯A
25.71円12.86円
中国電力
従量電灯A
27.44円13.72円
四国電力
従量電灯A
26.99円13.50円
九州電力
従量電灯B
23.06円11.53円
沖縄電力
従量電灯
28.49円14.25円

上記の料金を元に、電力会社を電気代の高い順に並べてみます。

  1. 北海道電力(30.26円)
  2. 沖縄電力(28.49円)
  3. 中国電力(27.44円)
  4. 四国電力(26.99円)
  5. 東京電力(26.48円)
  6. 関西電力(25,71円)
  7. 中部電力(25,51円)
  8. 東北電力(25.33円)
  9. 九州電力(23.06円)
  10. 北陸電力(21,73円)

最も電気代が高いのは北海道電力

反対に、最も電気代が安いのは北陸電力です。

両者を比較すると、約4割も電気代が違うのは驚きですね。

電気代は日本どこでもほぼ変わらないと思っていましたが、実際には、大きく違います。


メニュー

電力の販売エリア

電力の自由化により、住んでいるエリア外の電力を利用できる場合もあります。

電気代が高いエリアの人も、このサービスを利用すれば電気代を下げることができます。

電力会社他エリアへの販売
北陸電力関東エリア
北陸かがやき契約(24.94円)
九州電力関東エリア
基本プランM(26.48円)
東北電力関東エリア
よりそう、でんき(24.94円)
中部電力関東エリア
関西エリア(24.32円)
カテエネプラン
東京電力北海道エリア(28.64円)
東北エリア(24.06円)
中部エリア(24.85円)
北陸エリア(20.63円)
関西エリア(24.26円)
中国エリア(26.24円)
四国エリア(25.75円)
九州エリア(21.89円)
※沖縄は提供なし
四国電力関東エリア
ブループラン
関西エリア
オリーブプラン
中国電力関東エリア
シンプルコース(26.09円)
沖縄電力
北海道電力
メニュー