ワイモバイルでiPhone6Sを買った! 月額料金は?

2台目の携帯の契約更新を行うためにワイモバイルの店舗へ行ってきました。

ワイモバイルで契約更新の際にはいつもアンドロイド携帯の方が安いのですが、今回はiPhoneの方が安かったので機種変更をすることに。

お店で早速、料金明細をいただきました。

提示された月額料金は、上記のとおり。月額料金は今後、4,829円になるようです。

相変わらず、分かりにくい料金計算なので上から順に見ていきましょう。

まずiPhone6Sの端末料金は31,752円。これを24回の割賦払いで月々1,323円になります。

スマホプランはS、M、Lプランがありますが、今回はMプラン(高速データ通信容量6GB、3,980円+税=4,298円)。これまで使っていたSプラン(2GB、2,980円+税)から容量を増やしました。※最大25ヵ月間無料で、Sプランは3GBに、Mプランは9GBにデータ容量を増量できます。

そこに故障安心パックプラス690円+税=745円をつけました。

故障安心パックの内容

故障保証サービス(※iPhoneは対象外)
破損保証サービス(※iPhoneは対象外)
故障交換サービス
※自然故障・外装破損・水濡れ・全損時に新品同等の同一機種に交換 … 交換代金:7,500円~
故障交換サービス(利用の機種を新品同等の同一機種と交換。交換代金は、交換後の機種によって異なる。iPhone 6s は12,500円)●交換は1年間に1回まで。
水濡れ・全損保証サービス(※iPhoneは対象外)
盗難・紛失保証サービス(盗難・紛失時の機種購入 同一機種・当社指定機種を、会員価格で購入可。※iPhoneは対象外)
データ復旧支援サービス(水没・水濡れ・破損などのトラブル時のデータ復旧サービスが無料)

こうしてみると、iPhoneで役に立ちそうな安心パックの内容は、故障時の交換くらいですね。それでも12,500円はかかるので、使用後1年以上経過したら、このパックを外して月額料金を下げる方がいいのかもしれません。

ゆえに、割賦払い1,323円+Mプラン4,298円+安心パック745円=6,366円が基本です。

そこから2つの割引サービスがつきました。

月額割引は783円。「月額割引」は、契約翌月から最大24ヵ月間、基本使用料、オプションサービスの月額料や利用料、通話無料サービス対象外部分の通話料、パケット定額サービス対象外部分のパケット通信料、手数料から割引されるサービスです。

もう1つの割引は「おうち割 光セット」。これは、インターネットサービスと併用することによって利用できる割引サービスで、我が家ではソフトバンク光を導入したため割引額が756円。

ゆえに、月額料金は4,829円になりました。

月額料金の内訳

1,323円 … 本体割賦代金
4,298円 … Mプラン
745円 … 安心パック
▲783円 … 月額割引
▲756円 … 光セット割引
2円 … ユニバーサルサービス料

合計月額 … 4,829円

なお、初月のみ契約事務手数料として3,240円がかかります。

また、店頭で機種を受け取る際には、USIMカード代金(頭金)として540円を支払いました。


スマホ関連まとめ