災害時の非常用電源にも役立つ「モバイルバッテリー」を買った! コンセント付きで小型家電もOK!

非常用電源には高額のものも多いですが、1万円くらいで買うことができ、携帯性もある手頃なもの、それが今回紹介するポータブル電源です。

RAVPowerポータブル電源は20000mAhを超える大容量!

まず驚きなのは、20,000mAhを超える大容量であること。

「mAh(ミリアンペアアワー)」はバッテリーの容量を表す単位。

スマホは大体2,000mAhで充電できるため、このモバイルバッテリーがあればスマホ10回分の充電ができます。

なお、購入時には、MATECH(マテック)の名称でしたが、いつの間にか名称がRAVPower(ラブパワー)に変わっていました。

高速充電Quick Charge 3.0にも対応しています。

ACコンセント付きで残容量も表示される!

そして驚きなのがACコンセントから充電ができること。

電圧も100Vで、一般家庭のコンセントと全く同じ使い方です。

パソコンなどの電化製品のコンセントを差し込むだけ。

パソコンに限らず、65Wまでの電化製品であれば大丈夫です。

デスクライトもコンセントを差し込んで使えるので、夜間の停電時にも活躍します。

また、通常の扇風機は40Wくらいなので、強風にしても使えます。

ACコンセントを使う際には、上の画像上部にある「電源ボタン」を約2秒押し続けます。

ACコンセント上部が緑色に点灯したら正常です。

使用後、AC出力を切るには、緑のランプが消えるまで電源ボタンを長押しします。

さらに便利なのが、バッテリー残量表示機能。

例えば「40」であれば残量が40%。残量が分かれば計画的に使うこともできます。

これは安心ですね。

バッテリーの充電にはUSB急速充電器があると便利!

バッテリー充電には、付属のTypeA-Cケーブルを使ってUSB充電器につなげます。

ただし、100均などで売られているUSB充電器は1.0Aなので、フル充電には20~21時間かかります。

また、大容量バッテリーのため、パソコンなどのUSB端子から充電を行うこともできません。

そこで必要になるのが急速充電器です。

私が使っている高速充電器はこちらのもの。

3.0Aで充電できるため、上記のモバイルバッテリーのフル充電まで7時間弱。

家庭用コンセントへ挿し、これと上記のモバイルバッテリーとをTypeA-Cケーブルでつなぐと充電が行えます。


関連記事

パソコンを使う人がぜひとも知っておきたい基礎知識についてまとめたページです。 [sitecard subtitle=関連記事 url=https://123a.jp/archives/4193] [sitecard subtit[…]