Amazonタイムセール終了間近! セールを見る

ソファーを解体し、可燃ごみで処分した!

ソファーを処分しようと思うと、通常は粗大ゴミとして有料になります。

しかし、バラバラにして可燃ごみ(普通ゴミ)として出すと料金は無料です。

実際にソファーを解体してみました。


メニュー

準備物は?

料金無料と書きましたが、必要なものが揃っていないと買い出しに走らなければなりません。

解体の際に役立つものをまとめました。

準備物一覧
  • ブルーシート
  • のこぎり
  • ガンタッカーのステープル(針)抜き
  • ペンチ
  • カッターナイフ
  • ハサミ

作業をする上でどれも必要なものですので、事前に用意しておきましょう。

タッカーのステープル抜きは、量販店でも売ってないこともあるため、事前にネット通販で買っておく方法もあります。

若干値段はしますが、ステープル抜きはDIYの必需品なので一つ持っておくと便利です。

①革剥がしと、ガンタッカーのステープル抜きを行う

最初に、ソファーの革部分をカッターナイフとステープル抜きでどんどん剥がしていきます。

ステープル抜きで浮かせたステープルを、ペンチで抜くと作業を効率良く進められます。

②カッターナイフ、ハサミ、のこぎりで解体

ウレタン部分は手でどんどん剥がしていきます。

骨組だけになれば、のこぎりを使い、可燃ごみの袋に入る大きさへ切っていきます。

簡単に書きましたが、意外と労力と時間がかかりました。

労力と時間を考えれば、粗大ゴミで出してしまった方が楽かもしれません。

ついでに、ゴミ収集センターへ不要物を持ち込めば、家の中が一気に片付くと思います。

メニュー