Amazonタイムセール終了間近! セールを見る

12畳の部屋を2つに分割! 格安料金で部屋を分ける方法は?

我が家の2階には12畳の部屋があります。

子どもが大きくなり、どうしても自分の部屋がほしいと言うので、この部屋を2つへ分けることにしました。


メニュー

どうすれば安い費用で、部屋を2つに分けられるか?

部屋を2つに分けるにはいくつかの方法があります。

しかし、壁を新たに作るとなると相当な費用がかかります。

パーテーションも考えましたが、やはり高額になりそうです。

突っ張り棒を使って部屋を分ける

そこで思いついたのが、突っ張り棒にカーテンを引っ掛ける方法です。

部屋の端から端までは260cm弱ほどあります。

しかも、カーテンをぶら下げるとなると、それなりの強度が必要になります。

そんな長さの突っ張り棒があるのかなと思いましたが、Amazonで見つけました。

直径32mmは、かなりの太さです。

突っ張り棒にカーテンレールをつける

続いて不安になったのが、こんな太さのものを通せるカーテンリングがあるかどうかでした。

その問題も楽々クリア。こちらのカーテンリングもAmazonで見つけました。

実際に突っ張り棒に通してみても、38mmもの大型リングなので動かしやすいです。

オーダーカーテンを取り付ける

最後の問題はカーテン。

ニトリや大型スーパーでも探してみましたが、量販店のカーテンは基本的に100cm幅なのですよね。

しかも、我が家の床から天井までの高さは240cm。

量販店の最も長い丈は225cm。この差は大きいです。

市販の安いものは見つけられませんでしたが、オーダーカーテンで一枚物のカーテンを購入することができました。

結局、すべてAmazonで揃えました。

一枚物のカーテンにした理由は、エアコンを取り付ける予定もあるためです。

12畳のうち6畳分は寝室にするため、1枚物のカーテンだと隙間も少ないので安心ですよね。

ちなみに、幅275cm、丈230cmにしました。

実際に取り付けるとピッタリです。

カーテンには、アジャスターフック(プラスチック製)が20ヶ所すでに取り付けてあり、数センチくらいの高さの微調整はこれで行えます。

カーテンリングにも簡単に取り付けられました。

うちの子も大満足の子供部屋になりました。

メニュー