Amazonタイムセール開催中 お得な情報を見る

iPhoneの画像をパソコンなしに外部保存する方法は?

URLをコピーする
URLをコピーしました!

スマホを使っていると、画像が膨大に増えていきます。

ところが、それを放置しておくと容量をとってしまい、ついには画像保存ができなくなります。

パソコンを持っている人の場合、Lightningケーブルをパソコンへ繋いでパソコンへ移動すれば解決します。

ところが、パソコンを持っていない人の場合、この方法が使えません。

そこで役立つのが、iPhone用SDカードリーダーです。

私の場合、無名ブランドですが上記のものを購入しました。



メニュー

iPhoneの画像すべてをUSBメモリへ移動する方法は?

画像の移動に関しては1枚ずつ移動させることができますが、一番てっとり早いのは全部の画像を移動させることです。

ここではUSBフラッシュメモリーへ移動させる方法について説明しますが、SDカードやminiSDカードへの移動方法についても同様です。

①カードリーダーをiPhoneに繋げ、USBメモリを差し込む

カードリーダーをiPhoneへ繋げ、USBメモリを差し込みます。

②iPhoneの「写真」を開き、「選択」をタップする

iPhoneの「写真」を開き、「選択」をタップします。

③左から右へスワイプ・上から下へスワイプして全ての画像を選択した後、左下のアイコンをタップする

画像の左から右へスワイプすると、1列目の画像すべてを選択できます。

指を離さず、そのまま下へスワイプすると、画像をまとめて選択できます。

画像を選択した後、左下のアイコンをタップします。

④「ファイルに保存」をタップする

「ファイルに保存」をタップします。

⑤USBメモリを選択し、「保存」する

USBメモリを選択(ここでは「NO NAME」)し、「保存」をタップします。

※USBメモリ内のフォルダを指定することもできます。

これで保存は完了です。

⑥画像が正しく保存されたか確認する

画像が正しく保存されたかどうかを確認するため、最初にiPhoneの「フォルダ」アプリをタップします。

USBメモリを選択(ここでは「NO NAME」)し、タップします。

画像が正しく表示されているようであれば、保存が成功しています。

最後に、iPhoneの画像全てを削除すれば、作業が完了です。

なお、USBフラッシュメモリにしても、SDカードなどにしても、その耐用年数は数年です。大切な画像を失わないよう、バックアップをしっかりとっておきましょう。

バックアップの方法がよく分からない場合、複数のUSBメモリへ保存するなどしておくと万が一の備えになります。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
メニュー
閉じる