ZARA、ベルシュカ、ストラディバリウスへ行ってきた! 評判は? 価格や感想は?

滋賀県のピエリ守山には、日本でも珍しく、インディテックス社(スペイン)のブランドが3店も入っています。

その3店とは「ZARA」と、その姉妹店「ベルシュカ」、「ストラディバリウス」です。

インディテックス社はスペインのアパレルメーカー

インディテックス社は、スペインのガリシア州ア・コルーニャ県アルテイショに本社を置くアパレルメーカーです。

(引用:2019年1月27日現在のInditex公式サイト)

全世界で上記のブランドを展開しています。

日本ではZARAが有名ですが、完全後発のベルシュカやストラディバリウスが急成長しているのは上記の店舗数からも分かりますね。

ベルシュカの評判は? 店舗へ行っての感想は?

今回、私が買い物をしたのはベルシュカです。(※トップページから店舗検索可)

ベルシュカ(Bershka)は、Inditex社から1998 年に誕生した新ブランドです。

モードストリートスタイルと呼ばれる、若者向きの低価格商品を展開しています。

アウターっぽい厚めのシャツ定価4,990円が790円(税込)になっていました。

こちらのシャツは、定価3,990円が790円。デザインもかなりおしゃれ!

ベルシュカは日本ではまだ店舗数も少なく知名度は低いかもしれませんが、若者を中心に人気が高まりつつあります。

ストリートスタイルが多いにしても、ZARAのようなちょっと小粋な感じのデザインの服も多く、私のような中年でも着られます。

ユニクロなどに飽きた人にはちょうどいいブランドなので、これからファッション業界の台風の目になるかもしれません。

ストラディバリウスの評判は? 店舗へ行っての感想は?

ストラディバリウスはレディース専門として、1994年にバルセロナで誕生したブランドです。

日本での店舗数は限られており、まだまだ知名度は低いでしょう。

しかし、私が今回ピエリ守山で見た限りでは、ストラディバリウス > ベルシュカ > ZARAの順で賑わっていました。

ベルシュカがストリート系に寄っているのに対し、ストラディバリウスはクセがなく低価格商品も多いため、日本人女性には一番受け入れやすいブランドなのかもしれません。

子供服関係も意外と充実しており、子連れで入店しているお客も多かったです。

トータルコーデができる店として、ネットでの評判もまずまずです。

プチプラ系として、ベルシュカと並び、ファッション業界の台風の目となりそうです。

ZARAの評判は? 店舗へ行っての感想は?

日本では、ZARA Japanが有名ですね。(店舗検索

ZARAは1975年にブランドとして誕生し、1997年に日本法人ができました。

ZARAの特徴は商品のバリエーションが豊富で、他の人たちとかぶることがないということ。

デザインも優れていて、フォーマルでもカジュアルでも使えそうな、ちょっと大人っぽい感じのものが多いです。

私の周りでのZARAの評判は良く、20代から40代くらいまで幅広い年齢層の人たちに好かれている印象です。

問題点を上げるとすれば、クセのある商品も多いので、コーデを間違うとダサくなることでしょうか。

とは言え、デザインが良く商品もしっかりしているし、低価格のものも多いのはありがたいですね。


関連記事

暮らしに欠かせないファッション。 ファッションに関して知っておくと便利なことをまとめています。 [sitecard subtitle=関連記事 url=https://123a.jp/archives/15943] [si[…]