スマホでも見やすい大阪の地下鉄路線図、JR環状線との乗換マップを作りました。

ハイビット(Hi-Bit)を解約した! 具体的な方法は? 新しいプロバイダーと契約する手順は?

数年使っていたハイビット(hibit)を解約しました。

乗り換え先は、ソフトバンク光です。

具体的な手続き方法を書いておきますので、ハイビットから乗り換えられる方は参考にしてください。

なお、今回新しく契約したのはソフトバンクですが、他のプロバイダーでもほぼ同じ流れになると思います。

1 現在、加入しているプロバイダー名を知る

皆さんは自分が現在加入しているプロバイダー名を知っておられると思いますが、今回の私のケースではプロバイダー情報がほとんど何もありませんでした。

理由は、電話勧誘によって、いつの間にかプロバイダーが変更になっていたからです。

どのようなプロバイダーに変わったか、書面が何もないので詳細が分かりません。

情報を得るために、NTTの0120-116116へ訊ねてみました。

すると、プロバイダー名と電話番号を教えてもらうことができました。

現在私が使用しているプロバイダーは「ハイビット」というNTTの光コラボレーション事業者で、電話番号は0570-783-108と教えていただきました。

電話での話の中で、ついでにこのままプロバイダーをNTT(OCN?)へ変更できるのかたずねてみました。

NTTとの契約は最も簡単な方法で、電話でも申し込みができます。

ただし、新規の場合19,000円ちょっと初期費用がかかるのと、現在のプロバイダー解約料はお客様負担とのこと。

費用が高くつくので、NTT(OCN?)に依頼するのはやめました。

2 新規プロバイダーの契約をし、工事日を決める

現プロバイダー名と連絡先が分かったところで、新規プロバイダー契約をします。

私はワイモバイルユーザーなのでワイモバイルのショップに行き、相談しました。

現在のインターネット+電話+光テレビの合計月額は約7,400円。

それら全てをソフトバンクで契約すると、月々の費用は約7,100円。

工事など初期費用に約6,900円くらいかかりますが、それ以降は、月300円程度安くなります。

また、携帯代も800円程度安くなるとのことで、月々の通信費が合計約1,100円安くなります。

これは大きいですね。

さらに、現プロバイダーの解約に伴う違約金は、全額ソフトバンクから返金してもらえるとのこと。

※ただし、現プロバイダーから解約明細を受け取る必要があります。ソフトバンクから返金してもらうために、この解約明細が後日必要になります。

それらの話を聞いたところで、実際のプロバイダー契約手続きに入りました。

なお、電話番号をそのまま引き継ぐ方法もあるようですが、一番てっとり早いのは新しい電話番号で新規契約する方法です。

仕事でもプライベートでも、ほぼ携帯しか使っていないので、新規の電話番号を作ることにしました。

工事日は、約1ヶ月後で決まりました。当日は、立ち会いが必要とのことです。

3 ハイビットへ解約申込をし、工事日を伝える

新規プロバイダー契約が終わったので、NTTから教えてもらったハイビットの連絡先へ電話をしました。

解約については、別番号のカスタマーセンターになるとのことでした。

カスタマーセンターの連絡先:0570-064-102

解約は電話ですんなりできました。

ソフトバンクの工事日も伝え、その日に合わせて解約してもらうようお願いしました。

なお、工事終了後、ONUを返却してくださいとのことです。

また、解約に伴う違約金は9,975円だそうです。

解約明細については、解約日(工事日)の翌月20日以降に、カスタマーセンターへ電話をかけて請求してくださいとのことでした。


関連記事

ジャンルの分類が難しいもののうち、どうでもいい情報を1つにまとめました。 [sitecard subtitle=関連記事 url="https://123a.jp/archives/3956"] [sitecard subtit[…]