夏用の国産(日本製)マスク3社を比較した! 記事を読む

24時間体温監視の多機能スマートウォッチT98を買った! 体温計から解放される

毎日体温を計るのは意外と面倒。

朝は忙しいだけに、体温をゆっくり計ることなんて、なかなかできません。

そんな中、通勤時間中でも体温測定ができる多機能スマートウォッチを見つけました。

早速、購入し、使い心地をレビューします。

目次

充電方法は?

箱を開けると、ウォッチ本体、ベルト、充電ケーブル、取扱説明書が入っていました。

本体表側にディスプレイがあり、右側に「タッチボタン」があります。

「タッチボタン」にタッチすると、画面がON(OFF)になります。

裏側には、「心拍数センサー」と「充電接点」があります。

商品到着後、最初にすべきは充電です。

付属の充電ケーブルを使い、UCB端子で充電します。

本体の中央に「充電接点」(2つの穴)があるため、そこにピタッとくっつくよう、充電ケーブルを合わせます。

磁気の力で、このようにピタッとくっつきます。

続いて、時計のベルトをはめるのですが、表と裏、上と下の向きを間違えないよう気をつけてください。

ベルト金具は上の方に来ます。

専用アプリでスマホと連携!

続いて、取扱説明書にあるQRコードを読み取り、アプリをスマホへダウンロードします。

スマホのBluetooth機能をONにします。

アプリ画面で個人登録を行い、ログインしますす。

アプリ画面に表示されるスマートウォッチ本体の型番をタップし、「デバイス接続されました」と表示されたらOKです。

通知内容については、個別に設定することも可能です。

健康管理の他、SNSメッセージ閲覧、スマホ探しなどにも役立つ!

T98の仕様については上記のとおりです。

スマートウォッチには、様々な機能があります。

運動計歩、睡眠モニタリング、運動モード、健康測定、目覚まし時計、リモコン撮影、天気予報などの機能があります。

文字盤スタイルは5種類に変更可

スマートウォッチで文字盤のスタイル設定が行えます。

メイン画面で3秒長押しすると、5種類の壁紙が選択可能です。

体温、心拍数、血圧、血液酸素の測定が可能!

スマートウォッチの画面から、それぞれのメニューボタンにタッチすると測定が行なえます。

体温測定の場合、測定に約60秒かかります。

運動モードは5種類

運動モードには、「ウォーキング」「ジョギング」「クライミング」「ライディング」「バスケットボール」モードがあります。

計歩数、消費カロリー、心拍数などが表示されます。

天気予報を表示

天気モードでは、当日の天気予報が表示されます。

スマホの未読情報を表示

メッセージモードでは、スマホの未読情報を表示します。

LINEやインスタ、ツイッターなどの未読情報をスマートウォッチから読むことができます。

睡眠モードで睡眠状況を確認可

睡眠モードでは、睡眠時間と健康状況を表示させることができます。

スマホ探しにも役立つ!

設定モードの機能を使えば、スマホの位置を探すこともできます。

この機能を使うと、スマホから音声が流れ出します。

これは便利ですね。

Bluetoothと接続できない場合は?

設定方法を誤った場合、スマートウォッチの初期化が必要になるかもしれません。

電源が入らない場合は?

電源が入らない原因の大半はバッテリーの電量不足です。

充電接点に汚れがないか確認しましょう。

毎日の体温測定だけではなく、機能が満載のため、様々な場面で役立ちそうです。

目次
閉じる