Amazonタイムセール終了間近! セールを見る

A3サイズの紙を収納できる棚を購入!

私は以前から、仕事用のA3用紙の収納場所に困っていました。

仕方なくラックの上に置いていたのですが、当然ながら見栄えが悪いです。

しかし、ニトリで探しても、A3用紙を収納できる棚はオープンラック以外に見当たりませんでした。

そんな時に見つけたのが白井産業のタナリオ。

このタナリオには、主に4つの特徴があります。

  1. A3サイズの紙が入る
  2. 棚のレイアウトの自由度が高い
  3. 強度がある
  4. 威圧感のない適度な高さ

それぞれの内容について、実際の使用感も交えながらお伝えします。


メニュー

①A3サイズの紙が入る

今回の私の一番の目的は、A3サイズの用紙を収納することです。

市販のほとんどの棚はA4サイズ(幅297mm)のものの収納をベースに考えられているのか、A3サイズ(幅420mm)のものを収納できる幅がありません。

タナリオシリーズは、白井産業株式会社(本社:静岡県島田市)製造のものなので安心感があります。

今回選んだTNL-90117は、幅117cm、奥行29cm、高さ90cmのものです。

姉妹版として、高さ60cmのものもあります。

こちらも幅と奥行は同じです。

組み立ても簡単にできました。

ごちゃごちゃとした入れ方ですみません(大掃除中という言い訳。。。)

A3用紙に関しては2cmほど棚から外へ出ましたが、一番下の棚に置けば特に気になりません。

A4パソコンやA4ファイルなどは問題なく収まりました。

A4ファイルケース(右下)は飛び出してしまうので、後ほど扉付きのラックへ移動予定です。

②棚のレイアウトの自由度が高い

A3サイズの用紙が収納できたこと以外に今回嬉しかったのは、A4パソコンとモバイルパソコンが収納できたことです。

移動棚の位置を変えることができるため、レイアウトの自由度が非常に高いです。

移動棚が標準で6枚もついているため、細かく仕切って収納したい場合、特にうってつけです。

ぴったりサイズのレイアウトで無駄スペースをなくせるのは、ありがたいことです。

③強度がある

一つひとつのパーツ(木片)がしっかりした造りでずっしり重く、高級感があります。

耐荷重は天板、移動棚ともに10kg。

これだけ耐荷重があると安心ですね。

この強度だと、経年劣化もそれほど心配する必要はなさそうです。

④威圧感のない適度な高さ

私が今回90cmの高さの棚を選んだのには理由があります。

それは、窓の下に設置するためです。

商品説明のページにあるように、この高さの棚だと、窓の下や階段の下などに置くのに便利ですよね。

私の書斎には扉付きの棚もあるので、ゴチャゴチャするものはそちらへ移動します。

サッと手に取り出しやすいもの、見た目のゴチャゴチャ感がないものは今回購入したタナリオの棚に置くなど、メリハリをつけた整理を今後考えたいと思います。

全体的には、とても優れた棚で気にっています。

今後、奥行が40cmほどあるものや、扉付きのものも登場したらいいなと個人的には思います。

メニュー