車のハンドルを切る時、座席下の足回りから異音がする!

ハンドルを切る度に、カタカタという音が下から聞こえてくるようになりました。

カタカタと音が鳴るのはハンドルを切る時だけです。

走行中に異音がするわけではないのでそのまま放置していたのですが、車検の際に修理をしてもらうことにしました。

異音と言っても大したことないと呑気に構えていたのですが、足回りからの異音は要注意だそうです。

実際、「このままでは車検に通らない」と整備士の方から言われ、以下の修理を行っていただきました。

「左右タイロッドエンドダストブーツ取替(技術料5,000円+部品代2,000円)」

「F左右ロアボールジョイントブーツ取替(技術料8,000円+部品代2,000円)」

「F左スタビライザリンクAsssy取替(技術料3,000円+部品代3,820円)」

消費税を加えると合計で約26,000円もの費用。

今回はこれでもまだ良心的な価格で、場所によっては4万円くらいの請求になるかもしれません。

出費が痛いのは当然ですが、この種の異音を放置しておくと重大な事故につながりかねません。

早めの対処が必要なようです。


関連記事

今まで経験した自動車トラブルをまとめています。 自動車の窓が閉まらなくなった! 自動車、特に運転席の窓の開け閉めがでいなくなるとかなり不便です。しかし、修理費は意外と高くなることも。私の場合、修理見積額は約46,000円でした。 […]