スマホでも見やすい大阪の地下鉄路線図、JR環状線との乗換マップを作りました。

冬に冷え性で眠れないなら、寝袋(シュラフ)を活用!

冷え性の私は、冬になると、寒さのため夜中に何度も目が覚めていました。

寝袋(シュラフ)を使うアイデアがひらめいた!

いつものように足の冷たさで目が冷めた夜。

その時、ふと頭に浮かんだのが寝袋(シュラフ)でした。

私はアウトドアが好きなので年に何回かテントで寝ます。

シュラフは夏用、3シーズン用、冬用のものがあります。

私が持っているのは3シーズン用。

5月や10月くらいの夜でもこれさえあれば温かく寝ることができます。

だったら、真冬でも布団の中で使えば温かいはず。

実際にベッドの上にシュラフを敷き、その上に布団をかけてみるとヌクヌク!

こんな簡単な方法で寝苦しい夜とおさらばできるのかと驚きました。

どんなシュラフ(寝袋)を使えばいい?

シュラフにはピンからキリまでありますが、おすすめは上記でも述べたように3シーズン用のシュラフです。

上図のものは、外気が5度の時でもテント内で使用可になっています。

真冬だとシュラフ単独では厳しいでしょうが、家の中であれば、シュラフの上に布団をかければ十分な温かさです。

これさえあれば、靴下や湯たんぽなども不要です。

なお、上図のものは2つのシュラフを連結させて幅広(190cmくらいの幅)にすることもできます。

これだと、親子で一緒にシュラフへ入ることも可能ですね。

また、ウォッシャブルなので洗濯機で丸洗いも可能です。これはうれしいですね。


関連記事

暮らしに役立つ日用品をまとめたページです。 [sitecard subtitle=関連記事 url=https://123a.jp/archives/8170] [sitecard subtitle=関連記事 url="http[…]