Amazonタイムセール終了間近! セールを見る

スムスの手袋を買った! 吊り革や取っ手に触るのを防ぐ方法

コロナが蔓延するにつれて、ますます気になってきたのが接触感染。

私の場合は電車通勤から車での通勤に変えたため、吊り革へ触れることはなくなりましたが、それでも他人が触ったものに触れる機会は意外と多いです。

エレベーターのボタン、テーブルやイス、トイレへ出入りする際の取っ手など、考えてみると接触感染のリスクだらけです。

そこで、外出時には手袋を使うことにしました。


メニュー

スムスの手袋は大人気商品!人気店の店頭で山積みに

たまたま通りがかった人気店の店頭には、スムスの薄手袋が山積みにされていました。

人通りが多く、店の中でも一番目立つエリアにあったため、かなりの売れ筋商品のようです。

「緊急ウイルス対策」として、「ドアノブやつり革からの感染予防に!!」と書かれていました。

12組798円(税込877円)ということは、1組あたり73円。

これくらいなら出費してみようかと思える価格です。

なお、S、M、Lのサイズがありますが、私はLサイズにしました。

Lサイズは男の人でも圧迫感なく使えるサイズです。

なお、ネット通販アマゾンでは、さらに安い価格で販売されていました。

綿100%で、肌触りも抜群!

実際に手にはめてみると、肌触りもよく、十分実用的。

パッと見た感じでは、タクシーの運転手さんがはめているような感じの高級感もある手袋です。

これさえあれば、通勤時などの接触感染リスクも低くなりそうです。

スマホを触る時は要注意! スーパーの袋も忘れずに

実際に使ってみて一つだけ気になったのは、スマホへのタッチ。

手袋をしたままスマホに触ると、せっかくの対策も台無しです。

スマホを使う時は一旦手袋を外してからスマホにさわる、そのことだけは注意する必要がありそうです。

また、手袋を1日数回付け替える場合、スーパーの袋を持ち歩くことも必要です。

例えば、職場へ着いたら一度手袋を外してスーパーの袋の中に入れる。帰宅時には、新しい手袋を使うといった対策です。

手袋は綿100%なので、繰り返し洗濯して使うことができます。

1日3回手袋を付け替えるとしても、一袋12組入りなので4日分は使えますね。

これは大助かりです。

メニュー