自転車屋で安いのはどこ?|コーナン、アサヒ、イオン、ドンキを比較!

時々チラシなどで格安のママチャリ(シティバイク)を見かけますが、いざという時にはなかなか安い自転車が見つからないもの。

自転車を買い替える必要性が出てきたので、自転車屋さんをいくつか回って比較検討し、おすすめランキングを作ってみました。

1位*サイクルベースあさひ

品質★★★★★|安さ★★★★|サービス★★★★★ 計14点 

あちこち見比べて、個人的に一番おすすめなのはサイクルベースあさひです。



サイクルベースあさひは、ロードバイク、クロスバイク、マウンテンバイクなども豊富に扱っている自転車専門店です。

アサヒの特徴は、整備がしっかりできた状態で自転車を引き渡してもらえること。

しかも、プライベートブランド(自社ブランド)の自転車が多く、かなりの安さ!

こちらはママチャリ13,980円(税込)。

ただし、実店舗へ直接出向くと選択肢が限られている場合も多いです。店舗はスペースに限りがあるため、ほしいものがすぐ売り切れになってしまうのですね。

例えば、税込13,980円の自転車は3カラーあるのですが、この日、店舗にあったのはブルーの一色のみ。他のカラーは売り切れてしまったようです。

そこで、おすすめはサイクルベースあさひのネット通販で自転車を購入し、受け取りを店舗指定にする方法です。

店舗受取にすると、古い自転車の引き取りや、防犯登録など面倒なことすべてを実店舗で完結できるのも大きなメリット。もちろん送料も不要です。

またネット限定でさらに安い自転車が掲載されていることもあるので、一度はのぞいてみる価値ありです。



 

ちなみに私は先日、あさひのネット通販でミニベロを購入しました。

アウトランクは、持ち運びに便利な取っ手がついているなど携帯性に優れた自転車です。こういった商品を独自開発している点も、アサヒの大きな魅力です。

アサヒのアウトランクを買った! ミニベロ折りたたみ自転車はこれで決まり!

2位*イオンバイク

品質★★★★|安さ★★★★|サービス★★★ 計12点

カラーバリエーションにこだわる人におすすめはイオンバイクです。

その名のとおり、ショッピングセンターのイオン内にある自転車屋さんです。

最安値は、税込13,980円でした。

通常の自転車屋さんでは低価格帯の自転車のカラーは2~3色しかありませんが、イオンバイクのカラーバリエーションは豊富。

他の人とは違ったビビッドカラーがほしい人は、一度店舗を訪れる価値ありです。

なお、イオンでもネット通販が行われていますが、ネットでは低価格のものが販売されていません。

3位*cyma(サイマ)

品質★★★★★|安さ★★★|サービス★★★ 計11点

ネット通販が普及した現在、「自転車もネットで購入すれば安くなるのでは」と思う人もいるでしょう。

ただし、自転車の場合は巨大でかさばるため、送料がかなり高くついてしまいます。

そんな中、ネット通販でおすすめなのは日本最大級の自転車通販サイト【cyma】。送料無料が大きな魅力です。


私が見たところ格安のママチャリはありませんでしたが、一度サイトを訪問してみる価値はありそうです。

また、各種部品を取り寄せたり、スポーツバイクの購入に関しては有望な選択肢となるショップです。

4位*コーナン

品質★★★|安さ★★★★|サービス★★★ 計10点

11,800円~14,800円くらいの低価格自転車のバリエーションが豊富な、ホームセンターです。

こちらは、以前に購入したSOUTHERNPORT(サザンポート)の自転車。サザンポートはコーナンのプライベートブランドです。

かかった費用は自転車本体12,800円+消費税と、自転車防犯登録料600円。不要になった自転車の引取料は無料でした。

大きなかごが気に入って購入したのですが、こぎ始めるとペダルがやたら重いです。

数週間後どこかのネジもポロッと取れたので、最終的なチェックが甘いのかもしれません。

また、半年くらいでサドルポストのサビがかなり目立つようになりました。

ただ、大きなかご付き自転車は他店では結構高いので、大きなエコバッグを使って買い物をよくする人や、スポーツバッグなどをよく運ぶ人には便利な自転車です。

5位*ドンキホーテ

品質★★★|安さ★★★★|サービス★★ 計9点

とにかく安ければ何でもいいという人は、ドンキへ見に行くのも1つの方法です。

ただし、私が行った時には、一番安い自転車でも14,800円(税別)とかなり高め。

友だちは10,000円で自転車を買ったと言っていたので、タイミングがうまく合えば掘出し物と合えるかもしれません。

ただし、サイクルショップではないのでサービスに一切期待はできません。

6位*ブックオフ

とにかく安さ優先という方には、ブックオフも選択肢の1つでしょう。

品質は一切期待できませんが、安さでリサイクルショップにかなう店はありません。

サビさえ気にしなければ、5,000円以下の自転車もありました。

しかし、陳列されていた自転車の大半は子供用で、大人用の自転車はわずか数台。

選択肢はほとんどありません。

7位*ジモティー

不用品の売買で有名なジモティーを活用する方法もあります。

運が良ければ、自転車を無料でゲットすることができるかもしれません。

ただし、自転車といえども車両なので、名義変更手続きを自分で行う必要があります。

必要なものは下記のとおりです。

・登録を行う自転車(登録抹消済みのもの)
・新たな所有者の住所を確認できるもの(運転免許証、健康保険証、学生証等)
・ 前所有者の防犯登録の控えまたは、前所有者からの譲渡証明書
・登録手数料500円

盗難車と間違われないためにも、手続きはきちんと行いましょう。


自転車関連まとめ