100均かニトリか? お風呂場の鏡のうろこ汚れ・くもり止め対策を徹底検証!

お風呂場の鏡の曇りを本格的に取ろうと思えば、特殊コーティングが必要になり、お値段も高くなります。

そんなの無理! できるだけ安く効果を上げたい! そんな皆さんのために様々な方法を検証してみました。

お風呂場の鏡はなぜ曇るのか?

これを説明するのに一番分かりやすい例は、コップにつく水滴です。

冷たい飲み物をガラスのコップに入れると水滴がつきますよね。あれと同じことがお風呂場の鏡で起きているわけです。

大気中にはたくさんの水蒸気があり、お風呂場であれば当然ながら高い湿度。それが、鏡の表面で急激に冷やされ結露するのです。

水滴は体積を持っています。そのため光が乱反射します。ディスコ(クラブ)の天井にあるミラーボールをイメージすると分かりやすいかもしれません。

この乱反射により、人間には鏡が曇ったように見えるわけです。

キーワードは親水性だ!

ここで登場するのが「親水性」という言葉です。

表面に水滴がたくさんついていると光の乱反射によって鏡が曇ってしまうと説明しましたが、この水滴同士をくっつけ表面を平らにする性質が親水性です。

これにより光の乱反射がなくなり、鏡本来の役割を取り戻せるわけですね。

プチプチを想像してみてください。ほら、素材は透明なのに、向こう側が見えませんよね。

このプチプチを潰して、サランラップのように真っ平らにする性質が親水性だと思ってください。

100均の酸性洗剤で、鏡の汚れを落とせるか?

実は、鏡を曇らせる原因は水滴以外にもあります。それは、汚れです。

汚れもやはり体積をもっていて、光の乱反射の原因となります。そのため、鏡の曇りをなくすための最初の作業は鏡を掃除することです。

基本的には、酸性洗剤の方が水垢の汚れが落ちやすいとされています。水道水のミネラル分はアルカリ性なので、台所掃除で一般的に使われているアルカリ洗剤では汚れが落ちにくいのです。

水垢がちょっとの汚れであれば、お酢などが入った酸性洗剤で掃除するのがベターです。

お酢の洗剤は100均でも売られています。

実際、洗面所の鏡はこれでピカピカになりました。鏡の汚れがまだ目立っていないうちは、これを試すのがいいかもしれません。

ただし、浴室の鏡の汚れは「うろこ汚れ」とも呼ばれ、相当な手強さです。

「うろこ汚れ」の正体は、水の石灰分などの水垢(みずあか)や、シャンプー・お風呂用洗剤の残りかすなどや、皮脂などです。これらの汚れを落とすにはお酢よりも酸性度の強い「トイレ用洗剤」を使うのが効果的です。

しかし、強い酸性洗剤を使うと金属部分の酸化、すなわち錆を生み出す原因になります。また、酸性洗剤を他の洗剤と混ぜると有毒ガスを発生する場合もあるので危険です。

メラミンスポンジや「水アカ汚れ消しゴム」の威力は?

うろこ汚れを落とすために最初に私が使ったのは、お掃除グッズの定番「メラミンスポンジ」です。

しかし、うろこ汚れは強力で、メラミンスポンジごときではビクともしません。浴室用洗剤を使っても効果なしです。

ここで新兵器、ニトリで購入した「水アカ汚れ消しゴム」も試してみました(555円税別)。

こんな感じで、ある程度の汚れであれば落とすことができます。

が、しつこいうろこ汚れは、消しゴムくらいでは倒せません。

ニトリの「ステンレス流し台みがき」が超強力!

しかし、ついに究極のアイテムを発見! ニトリの「ステンレス流し台みがき」です(190円税別)。

これでこすると、うろこ汚れが白い粉となりポロポロ落ちていきます。

「ステンレス流し台みがき」で磨いた鏡中央が本来の輝きを取り戻しているのがお分かりでしょうか?

ただし、この流し台みがきは、鏡を傷つけるリスクもあります(我が家では大丈夫でしたが)ので、あくまでも自己責任で。

100均のダイヤモンドパッドも使ってみた!

なお、同様の効果があるものに「ダイヤモンドパッド」があります。100均で売られていたもので試してみました。

確かにうろこ汚れは落ちますが、サイズが小さいだけに作業がなかなか進みません。さらに力を入れてこすると、手元のスポンジ部分がポロッと落ちてしまいました。

掃除の効率と価格を考えれば、上記の流し台みがきに軍配が上がります。

セスキと「重曹ゴム」は最高の組み合わせだった!

しつこいうろこ汚れがある程度落とせたところで、仕上げです。

面倒なので、車用の撥水スプレーをかけてしまえと試してみましたが効果なし。やはり、鏡の曇り止めには掃除しかないようです。

あれこれ試してみて、汚れが一番落とせたのが「セスキ」と「重曹」の組み合わせでした。

いずれもニトリで購入。セスキは277円(税別)、重曹ゴム4枚入は138円(税別)(※セスキはお掃除用品コーナー、重曹ゴムは台所用品コーナーにありました。)

この組み合わせは、キッチンのしつこい油汚れにも効果的であることが実証済みです。

「セスキ」と「重曹ゴム」を使って掃除した後の鏡は上図のとおり。効果の検証のために、鏡の上半分のみ「セスキ」+「重曹ゴム」で掃除しています。

百聞は一見にしかずですね。

日常の手入れはこれだけでOK!

上記のきれいな状態は、2週間程度続きます。

再び少し白濁するようになってきたなと思ったら、上記で紹介した重曹ゴムを使ってください。

表面をふくだけで、再び鏡がきれいになります。


関連記事

暮らしに役立つ日用品をまとめたページです。 [sitecard subtitle=関連記事 url=https://123a.jp/archives/10567] [sitecard subtitle=関連記事 url=http[…]