全国主要駅のお土産屋さん情報をアップしています。

護王神社へ行ってきた! 京都「いのしし神社」で亥年のご利益を願う!

2018年12月15日に行ってきました。

(基本情報)
名称:護王神社(ごおうじんじゃ)
住所:京都市上京区 下長者町下ル桜鶴円町385
TEL:075-441-5458
拝観時間:6時~21時
無休
拝観料:無料
所要時間の目安:20分
護王神社公式HP

アクセス

護王神社へのアクセスは?

護王神社へのアクセスで便利なのは地下鉄の利用です。

地下鉄「丸太町駅」の北改札口(有人)を抜けた後、2番出口から地上へ出ます。

あとは右手に大通り(烏丸通)と御所を見ながら真っ直ぐ進むだけ。

400~500メートル進むと、護王神社に到着。

鳥居は烏丸通りに面しています。

 

狛いのししがお出迎え!

別名「いのしし神社」とも呼ばれる護王神社は、亥年にぴったり!

神社を護っているのは狛いのししです。

「日本後紀」に、和気清麻呂公が京より宇佐八幡宮へ向かわれた際、どこからともなく300頭のイノシシが現れて、清麻呂公ののった輿を囲み宇佐までの道中を案内したとされています。

その際、公が悩んでおられた足萎えも不思議と治ったことから、護王神社は霊猪としてイノシシを祀るとともに、足腰の健康安全・病気怪我の回復にご利益があるとされています。

表門の鈴成り輪(すずなりぐるま)で願い事!

表門には、鈴成り輪(すずなりぐるま)があります。

くるくる回しながらお願いをすると願い事が叶うと言われていますので、護王神社へ参拝の際には、まずは鈴成り輪でお願いごとをしましょう。

表門の前には、このようなイノシシも。

境内はイノシシずくめ!

「いのしし神社」と呼ばれるだけあり、境内はイノシシずくめです。

霊猪手水舎と呼ばれています。

ブロンズの猪の鼻をなでると幸せが訪れるそうです。

表門をくぐってすぐのところに拝殿があります。

拝殿の両脇にも狛いのししが。

チェーンソーアートのいのししも拝殿に飾られていました。

拝殿の奥の方へと進みます。

こちらは中門。この奥に本殿があります。

中門の横には「霊猪(れいちょ)の手水舎」があります。

霊猪の手水舎の右手には、さざれ石がありました。

さざれ石の裏手には、剥製のイノシシも。

なでイノシシとチェーンソーアート

中門の左手には、なで猪が。

頭をなでると頭がよくなり、自分の体の悪いところと同じ箇所をなでると、その箇所が良くなると言われています。ここでもご利益祈願ですね。

なで猪の近くに展示されているチェーンソーアートも見事です。

親猪と子どもの猪が分かりますでしょうか?

霊木猪もありました。猪の姿が見えてきませんか?

絵馬もやはり、いのししずくめです。

授与所でもイノシシずくめ!

授与所に並べられているものも、いのししずくめです。

いのししのおみくじもあります。

亥年には絶大なパワーがありそうなので、私は「魔除守」を手にしました(1,000円)。

中央のハートは「猪目(いのめ)」と呼ばれ、古来から伝わる魔除の文様です。

財布に入れて持ち歩くと、金運もアップ !?

ご利益に期待します。


関連記事

京都の観光スポットをまとめています。 [sitecard subtitle=関連記事 url=https://123a.jp/archives/11299] [sitecard subtitle=関連記事 url=https:/[…]