イラレ名称一覧とガイド

イラレの操作で使う名称一覧

イラストレーターで知っておくと便利な操作方法(基礎)をまとめました。

アートボードというのは作業スペースのことです。

アートスペースについては、実際の制作物が例えばA4であれば、そのA4の大きさ(210x297mm)にしておくと便利です。

PDFにした時にサイズがピッタリになることと、左端の一番上の点がX軸0mm、Y軸0mmになるので、正確なレイアウトが求められる時に計算しやすいからです。

ガイドの線は印刷されないので便利!

ガイドとは、レイアウトを整える目的の青い線のことです。

この青い線は印刷されないのでとても便利です。

ここでは名刺サイズでのガイドの活用について説明します。

アートボードの大きさはあらかじめ、91mmx55mmにしておきます。

最初に、ツールパネルの「長方形ツール」をクリックします。

アートボード上の任意の1点をクリックします。

「幅」を「91mm」、「高さ」に「55mm」と入力し、「OK」をクリックします。

コントロールパネルで「塗りなし」「線なし」にした後、ドックで「整列」をクリックします。

「アートボードに整列」をクリックします。

「水平方向中央に整列」をクリック、続いて「垂直方向中央に整列」をクリックします。

これで名刺サイズの長方形がアートボードの中央に配置されました。

ガイドの内側にレイアウト用のガイドを引く

上記の長方形(名刺サイズ)の端の方にテキストを入れる、文字が切れる恐れがあるばかりか、見た目も美しくありません。

そこでレイアウト用に、別のガイドを引きます。

「オブジェクト」をクリックし、「パス」の「パスのオフセット」をクリックします。

「オフセット」に「-5」と入力し、「OK」をクリックします。

これで、外側の枠から-5mmのところにレイアウト用の枠ができました。

ツールパネルで「選択ツール」をクリックし、上図のように左上から右下にかけてドラッグすると、2つの長方形が同時に選択されます。

「Ctrl」キーを押しながら数字の「5(え)」キーを押すと、2つの実線がガイドへと変わります。

ガイドの位置やサイズを変更する方法は?

一度ガイドを作ると、通常はその位置に固定されてしまいます。

しかし、ガイドの位置やサイズを変えたい時もあるでしょう。

ここでは上記レイアウト用のガイドのサイズを変更してみます。

最初に、メニューバーの「表示」をクリックし、「ガイド」をクリックします。

続いて「ガイドをロック」のチェックを外します。

内側の長方形をクリックして選択した後、「オブジェクト」の「パス」、「パスのオフセット」をクリックします。

「2」と入力し、「OK」をクリックします。

これで現在の位置より2mm大きなガイドができました。

「Ctrl」キーを押しながら「5」キーを押すと、上図のように新しいガイドができています。

不要となった一番内側のガイドを選択した後、「Delete」をクリックして削除すると、レイアウト枠の出来上がりです。

アートボード上からガイドを隠す方法

なお、作業の途中でガイドが邪魔になることもあります。

アートボード上からガイドを隠したい場合は、「Ctrl」キーを押しながら「:」をクリックします。

隠れているガイドを表示させたい場合も「Ctrl」キーを押しながら「:」をクリックします。


DTPデザイナーの仕事まとめ