無料のファイル転送ソフト「FFFTP」の使い方は? 転送できない時は?

複数ファイルをサーバーへアップする時に便利なのがFFFTP。

無料ながらとても役立つソフトです。

FFFTPの初期設定の方法は?(ヘテムルとロリポップの場合)

最初に、FFFTPからファイルをダウンロードし、インストールします。

「デスクトップ上にショートカットを作成する」にチェックをつけ、「次へ」をクリックします。

デスクトップに現れるアイコンをクリックします。​

「新規ホスト」をクリックします。​

以下の入力内容については、ヘテムルの場合、管理画面から上の内容を参照します。

必要事項を入力していきます。​

◆ホストの設定名 … 任意の名称をつけます(例:heteml)。

◆ホスト名 … hetemlの場合、「ホスト名」をそのまま入力します。

◆ユーザ名 … FTPアカウントの「ユーザ名」をそのまま入力します。

◆パスワード … パスワードを入力します。

◆ローカルの初期フォルダ … 任意です。Desktopなどにしておくと便利かもしれません。

◆ホストの初期フォルダ … 空欄にしておきます。

 ロリポップ!場合は、最初に管理画面にログインします。

「ユーザー設定」→「アカウント情報」をクリックし、設定内容を確認します。

 

①ホストの設定名は任意(「lolipop」など)です。
②ホスト名はロリポップの場合、FTPサーバー名に同じです。
③ユーザ名はFTPアカウント名(FTP・WebDAVアカウント)に同じです。
④パスワードはFTPパスワード(FTP・WebDAVパスワード)に同じです。
⑤ローカルの初期フォルダは、コピー元フォルダのディレクトリ(DesktopやDesktop上のフォルダ、My Document内のフォルダなど)。
⑥ホストの初期フォルダーは空欄にしておきます。

「最後にアクセスしたフォルダを次回の初期フォルダとする」にチェックを入れ、「OK」をクリックすると接続できます。

なお、ローカル側には正しく表示されるがサーバー側(右側)には何も表示されていない場合、アクセス制限がかかっている可能性があるのでチェックしてください。

ロリポップ!の管理画面で、「WEBツール」⇒「FTPアクセス制限」でIPアドレスをチェックし、必要に応じてIPアドレスを入力してください。

なお、自分のIPアドレスはこちらから知ることもできます。

また、文字化けを防ぐために、例えばUTF-8の場合は次のように設定を行います。

①FFFTPのアイコンをクリックします。
②「設定変更」をクリックし、「文字コード」タブを開く。
③「ホストの漢字コード」を「UTF-8」、「ファイル名の漢字コード」を「UTF-8」にして「OK」をクリックします。​

 

これで、ファイル転送も楽々になりますね。

install.phpは転送できないファイル?

セキュリティ上の対策だと思いますが、ロリポップでは転送できないファイルがあります。

元ファイルをダウンロードすることも、コードを見ることもできないのは困り者です。

そのような場合は。当該ファイルをWordPress公式サイトからダウンロードし、それをアップロードするしかありません。

FFFTPの初期設定の方法は?(エックスサーバーの場合)

ロリポップなどの場合と、設定はほぼ同じです。

任意の「ホストの設定名」をつけ、エックスサーバーで設定されている「ホスト名」を入力し、「ユーザ名」「パスワード」を入力します。

「OK」をクリックすると設定完了です。